子ども向け英会話教室でネイティブ講師に学ぶメリットとは?

2020.12.10

子ども英語

英会話できたらいいですよね。小学校でも英語の授業が必修化され、英語で話せることに焦点を置いて授業を行うようになりました。
パパとママの時代も、もちろん英語の授業はありました。世界中で英語のコミュニケーションがあたりまえの今、パパとママは英会話ができますか?
ビジネス英語に苦労している、TOEIC®のスコアがなかなか上がらないなどと、今でも英会話で苦労している日本人は、どうしてその会話が身につかなかったのか、それを考えながら、お子さまにさせたい英語教育をご紹介します。

子どもをネイティブ講師がいる英会話教室に通わせるメリット

  • 子ども向け英会話教室でネイティブ講師に学ぶメリットとは?

英語を母国語とするネイティブ講師が、英語だけでレッスンを行うのが直接教授法のレッスンです。これが英語習得の鍵。ではなぜこれが、英語学習にはいいのでしょうか。

耳からつけるリスニング力

英語学習は英語で直接学ぶのが早道。それは聴いた英語を日本語に置き換えては、英語学習に時間が要します。
日本に住む日本人が、丸ごと毎日365日、英語の環境に入るのは難しいことです。学校で行っている授業も、先生は外国人だとしても、回りは日本語を話す顔見知りのクラスメートです。

コミュニケーションはサバイバルな気持ちが、その力を向上させます。誰も知らない英語だけの環境になると、人は何とかコミュニケーションをとろうと考えます。相手の言い回しをどんな意味か理解し、単語も目ではなく、耳で覚えます。
英語習得は本来全てを英語の環境にし、日本語を一切介さないで学ぶことがベスト。でも、24時間英語の生活の中にいるのはよほどの覚悟と費用が必要です。英語のネイティブから習うことが今できそうな方法のようです。

英語だけで指導する方法

しかしやみくもに、英語だけでネイティブ講師から習っても意味はありません。ネイティブによる直接教授法には確固たる指導方法があります。英語だけでどう説明し理解させるのか、それが問題です。
英語だけでレッスンを行うことに、脅威を感じても困りますので、種あかしをします。耳だけで覚えるのが難しい場合、絵のカードや教材の画像を使って、視覚にも訴える方法を使います。
小さいお子さまの場合は、歌やゲームにその言葉や表現を取り入れ、自然とその表現に入っている文法までも丸ごと覚えてしまいます。3単現のs、単数複数、現在形、過去形、完了形と覚えるのではなく、こういう場合はこういう言い回しと、英語を覚えてしまいます。
子どもたちは先生が

What colour is it?

とピンクのカードを出し、pinkと子どもたちが答えれば、先生はそこで、

It's pink.

と文法に則った答え方をくり返し、子どもたちに発話させます。もう、これでこの受け答えは色を変えて返答することができます。
でも吸収が早い子どもたちですが、忘れることも早いので、レッスンではくり返して教えることをつねに行っていきます。

ネイティブ講師の在籍する子ども向け英会話教室を選ぶときのポイント

  • 子ども向け英会話教室でネイティブ講師に学ぶメリットとは?

ではどんなネイティブ講師の教室がいいのか、考えてみましょう。

オンラインでレッスン

今やオンラインはあたりまえになってきています。お子さまの英会話のオンラインレッスンも充実しています。
もしお子さまが初めての英会話なら、オンラインはまだ難しいかもしれません。なぜなら英語に触れるだけの時間になってしまう可能性があります。
英語のレッスンを積み重ねたお子さまが、フィリピンとスカイプで流暢に英会話しているところを見たことがあります。オンラインは練習としてはいいのですが、普段のレッスンはお子さまには難しいところです。

対面で五感を通したレッスン

なぜ英語が初めてのお子さまが、オンラインでは習得できないのか、それはお子さま特有の五感の感性の鋭さにあると思います。
目の前にいる見たこともない、講師の髪の色、目の色。自分たちとは違う人がいて、違う言葉を話している、それがもう異文化体験の始まりです。
ネイティブ講師たちはお子さまたちを、英語の世界に引き込み、その楽しさを理解してもらうようと努めます。またお子さまたちの興味や、一人ひとりの様子を見ながら、レッスンに集中するようコントロールも重ねます。
お子さまが英語を楽しいと最初のレッスンで感じることできたら、もう英語学習の基礎に踏み込めたようです。お子さまをいかに楽しませるか、それが英会話教室を選ぶときの最初のポイントです。

ネイティブ講師が指導する英会話教室の料金は?

  • 子ども向け英会話教室でネイティブ講師に学ぶメリットとは?

では次に、ネイティブ講師が教える英会話教室の価格について調べてみます。英語は習いたいけれど、その費用は気になるとところです。

大手英会話教室の料金

ネイティブ講師のグループレッスンで、月謝が10,000円から15,000円くらいのところが多いようです。でもそのクラスの定員が気になるところです。あまり大勢のクラスだと、レッスンをコントロールできなくなる場合があります。
個人でレッスンするマンツーマンは25,000円から30,000円前後なので、通わせたいと思ってもその料金は家計には負担ですね。
大人は対面でも低価格で受講でき、ワンコイン500円のレッスン、1カ月定額でレッスンし放題、25分で100円などと安いレッスンもありますが、こんな低価格レッスンはお子さまにはないようです。
廉価なものには計画的なレッスンは望めないので、安物買いの銭失いにならないようにしましょう。また大手でも料金が比較的安い場合は、ネイティブ講師ではなく日本人講師が優先でレッスンするようです。受講費とその内容についてはきちんと確認するように心がけてください。

無料体験を利用しよう

英会話教室には無料体験のサービスがあるはずです。大抵は1回の体験レッスンですが、お子さまの向き不向きを、確認するには良い機会です。
予約はホームページから簡単にできます。でも高いプランを押しつけられたりするところもありそうなので、気をつけましょう。
月額いくらなら受講できると明示し、料金をいつもはっきり確認します。教材費や税込でいくらか、見積りを最初にもらうようにしてください。

ネイティブ講師が教えるシェーン英会話の子ども向けレッスン

  • 子ども向け英会話教室でネイティブ講師に学ぶメリットとは?

シェーン英会話の子どもレッスンは、お子さまのための英語指導法を身につけた講師たちが行っています。

たった一度の「強烈」な楽しさで、英語の世界へ

お子さまたちの興味を引き、英語の世界へ導くにはスキルが必要です。シェーンの講師たちをトレーニングするネイティブの教務責任者は、次のように言います。

Children learn in a fun, interesting environment.

英語との自然なふれあいは早いほど効果的。理屈ではなく五感で英語を感じる時期にこそ、楽しさといっしょに英語をたっぷりと与える機会が必要です。
シェーンの講師たちは最初に英語が「楽しい!」という気持ちにさせます。そのたった一度の「強烈な」体験でその言葉を覚えてしまうこともあります。 動機を持ちにくい子どもたちの学ぶ意欲を継続させるのも楽しさ。楽しく身につくレッスンが英語習得の入口になります。

着任前にシェーンの講師たちをトレーニングし、つねに英語指導のフォーローアップをするシェーンの教務部門は、トリニティ・カレッジ・ロンドンから英語指導のコースプロバイターとして認定されています。
講師のトレーニングに積み重ねで支えられているシェーンのレッスン。ぜひ体験してみてください。

知識だけではない英語

英語の歌やゲームで遊んでいるように見えても、お子さまたちはネイティブ講師のリアルな英語に耳を馴らしています。
耳から入る英語は確かな記憶となって残っていくはずです。知識だけを詰め込むだけのレッスンでは、英語でのコミュニケーションはできません。
お子さまたちが講師といっしょに英語の楽しさを知り、英語学習を継続できるようなレッスンをシェーンでは行っています。未就学の小さいお子さまから小・中学生のお子さま、それぞれの英語のトピックに合わせて、くり返し学びながら着実に英語でコミュニケーションが図れることを目指します。

綿密な学習計画に則ったオリジナル教材

レッスンは年間を通した学習計画(シラバス)に沿って進められます。シェーンのオリジナル教材は、そのプランに則って1年間から通年にわたった計画を見据えて制作されています。
1977年の創業以来、ネイティブ講師による直接教授法を行ってきたシェーン。レッスンはインプットから始まり、お子さまが自然と英語を発話できるアウトプットにつながるように行い、英語でのコミュニケーション力をつけることができるよう指導しています。

英会話教室選びは体験レッスンを利用して、お子さまに合ったものを見つけてあげましょう。