Christmas Pudding~From the United Kingdom

2019年11月15日
  • 英国コラム

英国のクリスマスは、Christmas pudding作りから始まります。Stir-up Sundayがまさにその日。クリスマスまであと5週間の日曜日、Christmas puddingをかき混ぜる(stir up)するので、そう呼ばれているそうです。

  • Christmas Pudding Christmas Pudding



英国では秋が過ぎると着々とクリスマスの準備が始まります。そのひとつがChristmas pudding。フランスではブッシュ・ド・ノエル、ドイツではシュトーレン、そして英国ではChristmas puddingがクリスマスのお菓子になります。あまり聞きなれない名まえですが、プリンではありません。

ドライフルーツとお酒を染みこませたこのChristmas puddingを美味しくするためには、このStir-up Sundayに作っておくのだそう。そうした方が味がなじんで美味しくなるとのこと。そして作るときには願いをこめて、puddingの中身をかき回すのも、楽しいおまじないです。指輪や指ぬき、コイン、ボタンなども中に入れて、クリスマスに引き当てた人の占いもあるとか。今ではデパートやスーパーでも売ってはいますが、願いをこめて作るChristmas puddingはきっと格別の味がするのでしょうね。クリスマス・ディナーの際の、部屋の電気を消し、ブランデーかけてフランベする演出も楽しそうです。