英語の苦手意識を克服するには? 学習を軌道に乗せる方法とポイント

2020.08.01

勉強法

どうしても英語が覚えられない、話せない。これは日本人の悩みのひとつです。でもそれは理にかなっていることなのです。アメリカの外務職員局(FSI: Foreign Service Institute)では、英語を母国語としている人は日本語を覚えるのに時間がかかると発表しています。とすると、英語が母国語ではない私たち日本人が、なかなか英語を覚えられないのも当たり前のこと。日本語と英語は文法体系と発音が大きく異なるので、習得するには1000時間とも2000時間とも言われています。日本語と対極にある英語をどうやってマスターしていくのか… まずは日本人が苦手とする理由から考えていきましょう。

日本人が英語を苦手と感じやすい理由

  • 日本人が英語を苦手と感じやすい理由



英語は嫌いではないけれど、外国人を前にするとどうも自信がなく、言葉が出てこない、後でこう言えば良かったと等、そんな経験はありますか? 私たち日本人は英語とは真逆の言語を持っているので、それは仕方がないことと思いつつ、やはりきちんと受け答えしたいと思うものです。日本人の英語というと、学校での英語の授業も、大学受験が主な目的でした。教科書も実践で会話する内容ではなく、長文、英文法を解き明かすものだったりして、英語の点数を先生に競わされていた思いも残っています。でも英語はスコアではありません。英語はコミュニケーション。伝えたい、相手の思いをわかりたいという気持ちから学ぶことがほんとうの目的です。


日本語と英語の違いについて考えていきましょう。日本語と英語は語順がまるで反対です。主語、動詞、目的語続きます。順番が違っても英語は語学としてはわかりやすい言語です。日本語は主語もなく、動詞が最後なのでわかりにくい言語ですが、私たちはその難しい言葉を操っているわけですから、優秀な民族です。

英語が世界のコミュニケーションのスタンダードになっている現代、真逆の言語は馴染み憎い言葉になってしまいました。それでも世界とコミニュケーションするには、英語を学ばなければなりません。英語のルールを知り、英語でコミニュケーションできるよう、何か方法を探ってみましょう。

英語の苦手意識を克服するポイント

  • 英語の苦手意識を克服するポイント



なぜ日本人は英語が苦手になってしまったのでしょう。英語の授業や、英語の教科書には確かに楽しいことはなかったかもしれません。単語学習、長文読解、こんなものが自分の何になるんだろう、そんな気持ちにさせられた覚えもあります。テストや受験のためではない英語の世界、それを見つけてみることも、大切です。英語が話せる人は海外の音楽好きだったり、洋画好きだったり、学校とは違う英語の世界を知っているようです。何か英語の世界の扉を開けることを考えてみましょう。

例えば洋楽。海外ではさまざまなジャンルの音楽が配信されています。自分に合った洋楽を探して、その歌詞を英語でくり返し聞いてみます。最初は何の意味でもわからなくても大丈夫。その英語の発音、リズムを耳に刻み、自然と意味が伝わってくる時を待ちましょう。英語で聞き続けることが大切だからです。

そして洋画。たまには日本語の吹き替えなしで英語だけで観賞してみましょう。それじゃ内容がわからないと思ったら、今まで観たことのある映画を再度英語だけの観てみます。英語ではこんなことを言っていたんだと発見もあるはずです。それでもまだ自信がなかったら、ディズニーなどのアニメーションを観て楽しみながら英語に触れるのもおすすめです。

英語だけで楽しめる音楽や映画を見つけて、英語の世界を広げてみましょう。

英語の苦手意識を克服しやすい勉強法

  • 英語の苦手意識を克服しやすい勉強法



それでも、音楽や映画の英語を、漫然と聞き続けるだけでは英語力は高まりません。英語を定着させ、効率よくできる勉強方法って、あるのでしょうか。音楽も映画ももちろん続けて、そのうえで英語を理解できる学習方法を考えていきましょう。

短時間で覚えたことは忘れていくものです。エピングハウスの忘却曲線というものがあります。人間は20分前に覚えたことは6割しか覚えていない。1カ月後には3割しか覚えていないという法則に沿った理論です。でもそれを興味があるモノ、好きなモノに関連づけていけば、その記憶は定着すると言われています。映画のセリフ、洋楽の歌詞、英語に関することを毎日の生活に取り入れて、まずは英語への興味づけを心がけることも必要です。

またTOEIC®L&Rテストに挑戦するそのハードルが高そうでも、それらの教材は使えそうです。レベルに合わせて基礎から英語に触れることができます。インプットしたらアウトプットできる機会も作ります。音読で練習し、シャドーイングでネイティブの英語を発音する方法もあります。たくさんの例文を目にし、口にすることを続けます。ある程度の英語の勉強を続けていると、音楽や映画に、あ、この英文出てきたと気づけることに出会えます。そうすると英語の学習法に相乗効果が出てきます。


毎日こつこつと英語の文章に触れ、復習を続けましょう。やればいつかは英語をモノにできるはずです。楽しいと思える気持ちを持ち続け、勉強に励みます。