子どもの英語力を伸ばす家庭学習のポイント|楽しみながら身につく!  

2020.04.01

子ども英語

新学期が始まると習い事は何をさせようかしら、と思われる保護者の方々のお話をよく伺います。我が家の経済状況を考えたら、月額いくらくらいなら出せるとして、さていくつ習わせることができるか、頭を悩ますところです。スイミング、ピアノ、書道、体操、英会話レッスンと、今では毎日が、習い事の予定でいっぱいのお子様もいるようです。

まずはお子様にとって何が重要な技能になるのか、将来を見据えて考えることも大切です。そして無理に押しつけることは逆効果につながります。お子様が何に興味を持ち、楽しく学べるものを見つけてあげることが一番です。

今では習い事の上位に英語が選ばれていますが、どうして英語なのでしょう。これからは英語が話せないといけない、親たちを英語ができないから、せめて子どもたちには身につけてほしいと、シェーンでも英語を習わせるきっかけをお話しくださる保護者の方々がいらっしゃいます。親たちの世代が英語を身につけられなかったのは、なぜか… それはコミュニケーションとして、学んだのではなく、英検®などのテストや受験勉強のためだったかもしれません。それなら、まずは英語が楽しく理解できる勉強法を探してあげることが大切です。英語はコミュニケーションなのですから、話す伝わる楽しみが、お子様たちの学習の意欲にもつながるはずです

英語の家庭学習の必要性

  • 英語の家庭学習の必要性



週に一度英語の教室に通うだけでは、なかなか英語耳を作ることは難しいかもしれません。英語がいつでも身近にある環境と、遊び感覚で学べる教材選びも必要です。リーズナブルで効果の高い何かテキストはないかしら、とお探しの方も多いようです。スマホやタブレットを使ってできるオンライン教材も人気。また通信教育のスタイルで学ばれるお子様も多いようです。これは英語を身につけたいお子様はもちろん、大人の方でも簡単に始められるカリキュラムが人気の秘密のようです。

でもアルファベットや英単語を一生懸命に覚えても、英文の字面だけ追っているようなものですので、それで満足してはいけません。英語は聴いて、話して、お互いのコミュニケーションのためにある言語です。日本語とは全く違う言語だということを知り、またその英語を母国語とするネイティブのスピーカーたちの存在を理解しなければなりません。日本語とは違う言葉を話す人々がいて、その人たちとのコミュニケーションをとること。それが英語を学ぶ目的です。

では、お子様がその英語に興味を持つようにするには、どうすればいいのでしょうか。シェーンでも未就学児のお子様向けのレッスンには、歌やダンスなどのアクティビティを取り入れながら行います。それはまずはお子様たちに楽しく英語に触れていただきたいからです。英語の音、リズムを、音楽を通してリスニングの土台を最初に築きます。英語で歌を歌う人がいて、その音を真似る。小さいお子様たちにとってその機会が多ければ多いほど、将来の英語学習の基礎固めになるはずです。ご家庭でも英語に触れる機会を多く持っていただきたいのは、それが大きな理由です。この機会に、保護者の方もご一緒に英語に触れてみてはいかがでしょうか。

英語の家庭学習の基本

  • 英語の家庭学習の基本



ご家庭での学習にはお子様が飽きずに楽しめるものが一番です。英語の歌やダンスなど音楽を使ったものが効果的だと言われています。全身で英語に触れることができるTPR(Total Physical Response)は、児童英語教育の王道です。歌やゲームなどで全身を使って、英語の基本的な言葉を覚えていきます。全身を使うことで楽しみながら英語の定着を図ります。身体が英語の意味を理解して反応しているので、お子様の頭にその英語と意味が刻まれているのです。

小学生になると英語のルールを知るために、フォニックス(音と文字の関係)をしっかりと定着させていくのも大切です。英語には音と文字のルールがあります。アルファベットの文字の音と、文字の組み合わせ(sh,ch,ooなど)を教えてくれます。カタカナも発音記号もありません。直接英語を読め、読めるものは書けるようになります。
フォニックスの教材もたくさんありますので、いっしょに声に出して読んで書いて、英語に触れてみましょう。カラフルなものはお子様の視覚も刺激しますので、効果的な教材です。大切なことは楽しんで学べることです。お子様とコミュニケーションを図りながら、家庭での学習を続けましょう。

英語の家庭学習のポイント

  • 英語の家庭学習のポイント



興味の持てるもの、好きなものがお子様の学習意欲を継続させるはずです。無理矢理に英語を聞かせたりすること、教材をするように強制するには逆効果です。お子様が自ら英語に触れたいと思わせることが大切です。シェーンで学んでいるお子様で、ディズニー映画が大好きになり、歌を覚えようとして一心に英語の歌詞を学んで、中学生になる前に英検®3級を合格した生徒さんがいらっしゃいます。お子様が自分で好きなことを見つけ、英語を学ぶストーリーが作られることが最善の流れです。好きなことが上達につながる好いケースです。

お子様と動画や歌を楽しみ、親子で英語に触れる機会をたくさん作りましょう。例えば親子で、簡単なショッピングのロールプレイもできます。文法など多少間違っていても、まずは英語で会話してみましょう。親子で楽しむことが先決です。

〇Hello. Can I try this one?
◇Sure.
〇Please more big size.
◇Here you are.

お子様には◇の簡単なひと言の英語から始めます。お店やレストランでの注文など、親子で遊べる楽しさから、英語好きにつながるといいですね。Let's try! 始めてみましょう。