一から英語を勉強したい!忙しいビジネスパーソンのための学習法は?

2020.06.25

勉強法

最初から英語を学び直したい。学校での英語ではなく、もっと英語が話せるようになりたい。そう思っている大人の方は案外多いものです。中学レベルの英語力があれば、ほんとうは英語でのコミュニケーションはできるはずなのです。でも中学英語でネイティブとの授業を受けた人は私立だけ。日本人の先生の発音、英文法の英語勉強に嫌気がさし、英語に挫折した方も数多く… 日本の英語教育は、使える英語を教えていないのが残念です。でも英語学習を始めたいと、少しでも思っている方に、どうやって始めるか… それをひも解いていきましょう。

一から英語を勉強したい人に必要な準備

  • 一から英語を勉強したい人に必要な準備



ではどうするか… 独学で始めたいなら、中学や高校時代の英語の教科書を開いてみる、それもありかと思います。テストのことばかり思い出す教科書ですが、見ていると使えそうな英語もあり、なかなか楽しいもの。中学で学んだ英語を会話のするように、声に出して練習するのもいい勉強になります。教科書がすでにないなら、中学英語の教科書で検索すれば、いろいろと調べられそうです。英語の基本の文型はほぼ、中学英語のなかにあります。あとは、伝えたいことを英語で表現してみましょう。間違えても不確かでも、最初は自分の言葉を、英語にするところから始めましょう。

また英語学習の目的、なぜ英語を勉強したいかの理由を定めると、それが上達の鍵。TOEIC®L&Rテストの勉強やビジネス英語を学びたいなら、その英語教材を探して使います。毎日、少しの時間でも勉強することが、最善の学習方法です。スマホのアプリを使った教材や、英語学習のサイトも今は十分ありますので、1日10分、通勤途中でもお昼休みでも時間を決めて勉強しましょう。

一から英語を勉強したい人がすべきこと1|基礎を習得

  • 一から英語を勉強したい人がすべきこと1|基礎を習得



中学で学んだ英語をマスターすれば、英語は簡単に話せるはずです。文章を暗記する、例文を声に出してみる。実は声に出すという行為が、確実に英語力をアップすると言われています。人間は耳で聴き、口で話す、目で英語を読み、手で英語を書く。単に見ているだけでは効果は上がりません。動作を通すことで記憶に英語を残します。英語でのコミュニケーションはこのひとつひとつの積み重ねが、成しえるもの。日本語だって同じです。言葉をひとつひとつ、漢字をひとつひとつ覚えて、私たちは会話をしています。声を出すことは限られた場所でしかできない勉強ですが、CDの教材などでネイティブのフレーズを聴き、同じように発話するシャドーイングの練習も効果的です。特にネイティブの英語を聴くことは、英語独特の音、リズムをしっかりと身につけることができます。聴いた音をすぐ発話するので、シャドーイングの練習もおすすめです。聴く、話す、読む、書く。この積み重ねを続けましょう。

一から英語を勉強したい人がすべきこと2|インプット・アウトプットの継続



英語を聴く、読むことがインプット、英語を話す、書くことがアウトプット。どうしても日本人はインプットばかりの勉強で、アウトプットの勉強が不足がち。社会人が学ぶ英語として、日常英会話を徹底的に勉強してみましょう。まずは朝、昼、晩と3つのパートに分けて、その時に会話するフレーズを覚えます。その昔、キリスト教と英語の普及のために建てられたある日本のミッションスクールでは、1日の行動を60のフレーズで覚える方法をしていたそうです。1日の行動を英語で暗記し、それを応用し過去形にし、疑問形にして覚えていけば、日常の会話は成り立ちます。たとえば髪の毛をとかす、そんな知らなった表現も身につけることができます。今自分のしていることを、英語ではどう表現するか、そのフレーズを覚えます。電車に乗って会社にいく、つり革につかまる、スマホで検索する、そんなささいな英語表現が積み重なり、コミュニケーションにつながっていきます。英語でのイメージをふくらませながら、日々英語で考え、アウトプットする機会を日々のスケージュールに設定してみましょう。


一から英語を勉強したい人がすべきこと3|英会話で実践



独学で英語を勉強してもなかなか円滑なコミュニケーションには至りません。コミュニケーションは相手がいて、相手の話を聴く、自分のことを話す、会話のリレーションが必要です。本腰で英語を習得したいのなら、やはり英会話スクールに通うことをおすすめします。どこの英会話スクールも無料体験レッスンは行っていますので予約してみましょう。ひと昔は英会話スクールで無理やり契約させられた例もあってと、懸念される方も多いかもしれません。シェーン英会話はインターネットの口コミでも営業が無理強いしないと書かれていましたので、どうぞお気軽にお試しください。実際に目の前にいるネイティブ講師と会話をすると、なかなか緊張するものですが、シェーンの講師たちは無料体験レッスン用のシートを使いながら、英語を引き出してきます。実際のシーンで使う英語表現を聴き、覚えることが英語のスピーキング力を高めていきます。また思い切って時間とお金をかけての短期留学もおすすめ。全てを英語の環境に置くと、英語が自然と口を出るようになっていきます。旅行では経験できない、短期留学の英会話レッスンは、世界中から学ぶ生徒たちといっしょに勉強できるので、異文化理解も含めた学びができます。短期間でも海外生活を体験すると、英語がほんとうに身近になりますので、いつか実現するために計画してみましょう。