『英語脳』を鍛えるには?大人でもOK!ネイティブに近づく学習法

2019年04月17日
  • 勉強法

あなたは英語を理解するのに時間がかかってしまうという悩みを持っていますか。それは脳内で一つ一つ、英語を日本語に変換する、そして今度は日本語を英語に変換するという翻訳作業をしていることが原因です。「そんなことを言われたって、翻訳しないでどう理解するのか?」と思ったかもしれません。しかしスピーディな理解には、翻訳作業をしない英語脳を鍛えることが不可欠です。果たして英語脳とは何で、その作り方とはどのようなものなのでしょうか。

  • 『英語脳』を鍛えるには?大人でもOK!ネイティブに近づく学習法 『英語脳』を鍛えるには?大人でもOK!ネイティブに近づく学習法

ネイティブのように英語を理解できる『英語脳』とは?

  • ネイティブのように英語を理解できる『英語脳』とは? ネイティブのように英語を理解できる『英語脳』とは?



最初は「ネイティブのように英語を理解する自分」が全くイメージできないかもしれません。しかし今からでも決して遅くはないのです。

●英語脳とは?


英語脳という言葉からあなたは何を想像しますか?
「英語脳」とは、耳にした音声や文字の英語を日本語に訳さず、英語を英語のままイメージや感覚で捉え、英語で理解できる状態のことを言います。

例えば、「How are you?」と聞かれたら、反射的に「I’m good, thank you. And you?」 と答える。この感じです。

まるでネイティブと同じように瞬間的に英語を理解する英語脳。
これは比喩的な表現で、英語脳という器官があり発達するわけではなく、大脳生理学では英語脳や日本語脳の記載はありません。

言語は幼児の頃に始めるのが有利という説もありますが、英語脳に関しては大人になってからでも十分鍛えることができるのです。

●英語脳を鍛えるメリット


英語脳が出来上がると、どんなメリットがあるでしょうか。まず英語を頭のなかで翻訳する手間が省け、スピーディな英語のコミュニケーションが可能になります。日本語の直訳と意味が一致しない英語独自の表現を理解できるようになるという点も魅力です。

英語脳は、日常会話だけでなく、映画やドラマの動画、新聞、ネット記事、またTOEIC®まで幅広いシチュエーションで役に立ちます。

英語脳の鍛え方

  • 英語脳の鍛え方 英語脳の鍛え方



それでは、さっそく英語脳の鍛え方をみていきましょう。メソッドにはどんなものがあるでしょうか?

●学習環境を整える


まず必要な教材をそろえるところから始めます。基礎文法、単語帳、長文読解といったものなどです。英語学習の無料アプリや動画サイトなども活用できるでしょう。

また自学自習だけではなく、英会話教室に通うことが効果的。日本においてはまだまだ日常生活のなかで英語環境が簡単に見つかりません。

シェーン英会話では、ネイティブ講師との定期的な対話を通じて、英語で考えて英語で伝えるスキルを磨くことができます。つまり、英語脳を鍛えられるのです。自分の目標を伝えて学習方法を相談してみましょう。

●「聴く・話す・読む・書く」を鍛える


英語脳を作るには、繰り返し一定量の英語に触れる必要があります。地道に英語学習を続けることで、英語力はアップします。

・基本の文法を習得する
やはり文法の勉強は必要不可欠です。基本の文法を押さえると、一見複雑な英文であっても構造をつかむことができ、英文読解のスピードが高まります。中学レベルの英文法でも、リスニングやスピーキングにしっかり活かせます。

・英語を積極的に聴き、話す訓練をする
リスニングスキル、スピーキングスキルの両方を鍛えましょう。レベルに合ったリスニング教材を繰り返し聴いて、聴いたまま発音するというリピーティングをします。慣れてきたら、シャドーイング(聴いたそばから、復唱すること)をします。セットでディクテーションをすると、リスニングスキルアップに効果的です。

・英語の文章を多読する
また英語脳を鍛えるのに必須と言えるのが、「多読」です。物語、エッセイ、ニュースなど、さまざまな種類の英文を読みます。このとき、頭のなかで翻訳しないようにするには、スラッシュリーディングが役立ちます。これは英文の意味が区切れる位置にスラッシュを入れて読み進めていく学習法で、語順通りに理解するので速読に効果的と言われています。また新たな語彙のインプットにも役立ちます。ややハードルが高いので、最初は興味のある分野のものからスタートするのが大切です。

・英作文を書く
書くことでパターンの理解が進みます。おすすめは、ビジネス用Eメールの文章です。例文やネイティブのEメールなどを用いて、必要な箇所の英単語を、自分の用途に合わせて置き換えてみます。型を覚えると、そのまま理解できるようになり、英語脳のトレーニングになります。

英作文は、知っている表現ばかり使いがち、つまり癖がついていますが、多読で知った新たな表現を使ってみると良いです。

・英語で会話する
英会話は、リスニングとスピーキングの練習になります。相手のいる状況をイメージしつつ、まずは一人二役でフレーズを覚えましょう。英会話の型を元に、固有名詞や時刻など知っている単語に差し替えて音読してみると、辞書を使う必要がありません。次第に日本語訳、英訳することなく理解できる感覚がつかめるようになります。

ネイティブ講師の指導を受けられる!シェーン英会話のレッスン

  • ネイティブ講師の指導を受けられる!シェーン英会話のレッスン ネイティブ講師の指導を受けられる!シェーン英会話のレッスン



英語脳作りに最適なシェーン英会話のレッスンの特徴をご案内しましょう。

●シェーン英会話の特徴


・ネイティブ講師による指導
おもにCELTA、CertTESOL等の英語指導の国際資格を持つネイティブ講師が指導します。いずれのネイティブ講師も、着任前に長時間にわたる英語指導のコースを修了し、着任後も定期的なトレーニングを受けているプロフェッショナルです。

シェーンが一番大切にしていることは「Student Talking Time」。生徒さんが話す時間を多く設け、異なる文化・習慣を理解させながら、レッスンを進めていきます。

・オリジナルテキストの活用
シェーンのオリジナルテキストには、40年以上にわたる実績を基にした英語指導のノウハウが詰まっています。

レベル別に適切なシラバスを組み立てており、扱うトピックス、文法などをレベルに合わせて設定しています。段階に応じたレッスンで実力アップを実感できるように組み立てられています。

・続けやすい環境の構築
通常のレッスンの他に、短期集中講座や習得度チェック、スピーキングクリニックなど、普段のレッスンの成果を確認できるシステムがあります。

レッスンの振り替えが可能なので、急な会議や残業といった仕事の都合で継続が心配な方にも安心してスタートできます。また転校制度を利用できるので、異動や転職でオフィスが変わっても、英語学習が続けられます。
英語学習に関するお悩みや疑問はスクールカウンセラーにご相談ください。

●シェーン英会話のレッスン



・月謝制個人レッスン
定員1名の個人レッスンで、基礎~上級まで受講者のレベルに沿った内容に対応します。

レッスン時間は、1回40分で、月4回です。

レッスンの特徴は、海外出張、英語でのプレゼン対策、留学など、受講者の目的に合わせられること。日常英会話から、ビジネスシーンでの英会話まで、幅広く対応しています。

・回数制個人レッスン
こちらも定員1名の個人レッスンで、基礎~上級まで受講者のレベルに沿った内容に対応します。

レッスン時間は、1回40分で月謝制と変わりません。違うのは、20回、40回、80回と設定した回数のなかから好きなスケジュールでレッスンを組めるところです。1日に2回分、通しで80分のレッスンにすることも可能ですし、週2回にするなど、自由に設計できます。

期限があり急いでレベルアップをする必要がある、仕事の閑散期にレッスンを集中させたい、といった方におすすめです。教育訓練給付金対象となる英会話スキル実践コース(80回)を選択することもできます。

・ビジネス英語
定員1名の個人レッスンで、初級~上級までのレベル設定があります。語彙・語法の基礎固めを図りながらさまざまなシチュエーションに対応できる、より実践的な内容となっています。

レッスン時間は1回40分の全40回、回数制個人レッスンがおすすめです。

その他、月謝制個人レッスン、指定校での月謝制少人数レッスンビジネス英語(準中級~上級)も用意しています。

インプットとアウトプットを繰り返す

英語脳の作り方の重要ポイントは、インプットとアウトプットを繰り返すことです。やはりそれなりの量が必要なのですが、あるとき気がついたら英英で理解していることに気づき、いつの間にか壁を超えていたと感激するでしょう。毎日の実践、その積み重ねなのですね。目標を立てて意識すると効果的です。

ピックアップ ー Pick up ー