Treacle Tart~From the United Kingdom

2021.11.11

異文化理解

ハリー・ポッターの好きなケーキ、トリークルタルトのお話。

  • Treacle Tart~From the United Kingdom



見た目は地味なタルトですが、これもイギリスでは定番のお菓子、トリークルタルト。ハリー・ポッターの好きなお菓子としても登場しています。「ハリー・ポッター賢者の石」」の冒頭ではバースデーケーキが出てきていましたね。ピンクのクリームのケーキには、「HAPEE BIRTHDAE HARRY」と微妙なスペルで書かれていましたが、結局ダーズリー家のダドーリーに食べられてしまうハリー・ポッター。甘いものが大好きな少年の一面が垣間見えました。

ハリー・ポッターの小説の中では日本語で糖蜜パイと訳されていますが、これがトリークルタルト。タルト地にたっぷりの糖蜜とブラウンシュガー、レモン汁、数種類のスパイスとジンジャー、パン粉などをよくかき混ぜたものを入れて焼き上げるだけ、とても簡単なレシピです。タルトの中身がぶつぶつしているので、パン粉のようで独特の触感がありそうです。

茶色だけの地味なタルトですが、糖蜜にさらにブラウンシュガーを加えるのですから、とても甘そうなのがわかります。それもそのはずでトリークルタルトという元々の意味は、コックニーのスラングで「恋人」を意味するそうなので、「甘い」というわけです。ブラウンシュガーを入れないレシピもあるようですが、やはりとても甘いタルトには変わりはないようです。とてもシンプルなイギリスのお菓子たち。また別の機会にご紹介しましょう。