Lemon Drizzle Cake~From the United Kingdom

2021.08.28

異文化理解

Lemon Drizzle Cake
イギリスの美味しいケーキをご紹介しましょう♪

  • Lemon Drizzle Cake~From the United Kingdom
  • Lemon Drizzle Cake~From the United Kingdom



これもイギリスでは定番のケーキ。白いシロップが滴り落ちたケーキが、レモンドリズルケーキです。このDrizzleには「小雨が降るという自動詞の他に、「細い線のようにかける」という他動詞もあり、まさにシロップをたくさんかけたケーキというわけです。ただ普通のケーキのように見えますが、レモンの酸味と砂糖の甘味が合い、さわやかな味わいのケーキです。イギリスではレモンを使ったケーキは他にもあります。レモンメレンゲパイというものもあり、華やかさはないけれど、素朴で美味しいケーキがたくさんです。

レモンドリズルケーキも作り方は簡単。レモンの皮を入れたパウンドケーキを焼きます。パウンドケーキは小麦粉と砂糖、バター卵を各1ポンド(約0.45キログラム)入れて作るのでそう呼ばれるようになりました。四角に焼くレモンドリズルケーキがイギリス定番のようですが、丸いパウンドケーキもよく見かけます。焼きあがったパウンドケーキに乗せるドリズルケーキシロップは、レモンジュースとお砂糖を煮詰めて作ります。焼き上がったパウンドケーキは、表面にたくさんの穴を開けてシロップがしみ込みやすくするのも美味しくなる秘訣。温かいうちにシロップをかけることで、少し固まった砂糖の衣がドリズルらしいということです。またシロップの上に、レモンの皮などを加えたアイシングをさらにかければ滴り落ちるドリズル感満載です。イギリスでは超~甘いレモンドリズルケーキ。自分で作れば甘さはコントロールできます。

ちなみにお菓子にレモンを使うイギリスですが、紅茶にレモンを入れる習慣はあまりありません。ミルクたっぷりの紅茶がやはり、イギリスのお菓子には合うようです。

近いうちにハリー・ポッターが好きだというイギリスのケーキもご紹介しましょう。

  • Lemon Drizzle Cake~From the United Kingdom

※写真は日本で食べたレモンドリズルケーキ。レモンの酸味が夏に合います。塊の砂糖の触感も好く、甘さ控えめの生クリームと愉しめました。