英検対策の基本 読む・聞く・書く・話すを向上させるポイントは?

2021.03.20

子ども英語

英検は私たち親たち世代も受験のご経験がおありかと思いますが、英語の能力証明としてチャレンジするには最適なテストです。昔より英検のテスト内容はコミュニカティブになってきています。
英語のコミュニケーションに必要な「聞く・話す・読む・書く」の4スキルをはかれるテストが英検です。
バランスよく英語の4スキルをお子さまの力にするために、英検受験を考えてみませんか。英検合格すればお子さまの自信にもつながります。ではお子さまにとって初めて英検をご検討している保護者の方々のために、最近の英検がどんなものなのか、わかりやすくご紹介しましょう。

  • 英検対策の基本 読む・聞く・書く・話すを向上させるポイントは?

英検の基本情報

年に3回の試験が行われる英検。いったいどんなテストなのでしょう。2016年からは5級と4級の試験にもスピーキングテストが導入され、より英語で聴く・話すことに重きを置いています。

英検とは

公益財団 日本英語検定協会が実施するこの英語の能力証明は1963年から行われています。日本人の英語能力を高めるために設立された英検協会。長年の日本人の英語教育を担っている機関であり、英語能力証明書をはかってくれるのが英検なのです。
級は5級から1級までの7段階から成っています。小学生からでも受験しやすい英語能力を証明するテストです。

英検を受験するメリット

日本では英語の出来不出来を確認するために、長い間この英検の級がものさしになってきました。今ではTOEICやIELTS等海外の英語検定のテストもありますが、テストの内容のトピックは難しいようです。
お子さまにとっての受験のメリットは、英検合格という目標を持って英語学習ができることです。英語が話せれば英検の取得は必要ないかもしれません。でも英検合格のために、英語を勉強するきっかけとしても挑戦してみましょう。

英検の級別レベル

5級

英検は5級から始まります。これが中学の初級レベル。英語の基本をしっかり身につけるための最初のステップです。まずは5級の筆記試験のために、読み書きをしっかりと勉強しましょう。中学生レベルの5級ですが、シェーンの小学生たちも受験しています。5級の勉強で英語の基本をしっかりと固めます。また筆記の合否に関係なくスピーキングテストが受けられ、サイト上で試験官の英語の指示を聞いて受験します。

4級

次の4級は中学の中級レベルですから、英語の基本が理解できていると証明されます。5級同様に筆記試験の勉強をします。英検協会では過去問と言われる、過去に実施したテスト内容をウエブサイトで公開していますので、過去問を解答するのもよい試験対策になります。過去6回の過去問の問題集も出ていますので活用してみましょう。スピーキングテストも筆記の合否に関係なく受けることができますので、今後の3級の面接試験の経験のためにも挑戦することをおすすめします。

英検対策の基本

英検対策のためにどんな学習方法が必要でしょうか。まずはより多くの単語を覚えていくことから始まります。

  • 英検対策の基本 読む・聞く・書く・話すを向上させるポイントは?

単語

英検の級に合わせて、単語帳も販売されています。まずは英検に特化した英単語を覚えていきましょう。単語の意味とともにスペルもしっかりと記憶に定着させます。単語を覚えていくことはライティングの勉強も含まれています。書きながら覚え、例文をうまく使いながら、英単語の意味をリンクさせて覚えます。

文法

英検の級毎に合わせた文法をしっかりと押さえていきます。過去に出題された問題を解くのも、効果的な学習です。その時もただ解答するだけではなく、英単語の意味を知り、英文を理解していくことが大切です。総合的に英語の力をつけていくためには、英語の理解が必要不可欠です。丸暗記だけではコミュニケーションは手に入れることできません。

リーディング

文法事項を押さえた勉強の後は、その英文の理解力が試されます。英検の級に合わせたテキストを使いながら、英文をどのくらい理解できているか、確認しましょう。ただ英文を覚えるのではなく、コミュニケーションとしてわかることが英語力の鍵。英文がまるごと理解できる力を作っていきます。

リスニング

英語の音とリズムを耳に馴らしていくことが、英語のリスニング力をつけていきます。より多くネイティブの英語を耳にし、英語の耳を作ることが効果的な勉強法です。最初は英検の級に合わせたリスニング形式の問題に触れながら、英語に慣れていくことから始めます。例題にはイラストがありますから、絵の内容と英語をリンクさせて耳を馴らしていきます。

ライティング

最近の英語を習っているお子さまたちは、英語が話せるけど書けない傾向があるようです。コミュニケーションの英語としては、ライティングも大切なスキルです。これは3級から導入されるテストですが、英語を目で覚えて書けるようにする勉強もしてみましょう。今まで習った英文を活用しながら、自分の言葉としての英語を培っていくことをおすすめします。

シェーン英会話なら英検®もしっかりサポート

シェーン英会話でも英検®に特化したレッスンを行っています。1977年の創業からネイティブ講師のレッスンを行っているシェーンですが、お子さまのために日本人講師による英検®準備・英検®対策のレッスンをご用意しています。

  • 英検対策の基本 読む・聞く・書く・話すを向上させるポイントは?

じっくり対策

月謝制個人レッスン(5級~2級)

一対一の個人レッスンで、目指す英検®合格を目指します。お子さまの弱点を強化し、テスト当日までに自信を持って受験できるよう指導します。

月謝制少人数レッスン(5級~3級・コンビネーションレッスン)

ネイティブ講師のレッスンと合わせて受講いただけます。ネイティブのレッスンでリスニング対策もでき、日本人講師のレッスンでは英検®合格に特化したレッスンを行います。英語の4スキルの習得を確実に目指す理想的なコンビネーションレッスン。通年受講でじっくり着実に英語力を高めていきます。

短期集中で対策

英検®の本番に向けた短期集中の個人レッスンです。希望する級に合わせて、短期間で学べます。本コースは受験まで集中し、英検問題に即した問題をくり返し解き、弱点を洗い出して克服していきます。最重要単語、熟語をくり返し徹底的に自分の中に取り込みます。

英検®一次直前演習(全12回・5級~2級)

全12回でそれぞれの英検®合格を目指して指導します。予想問題をくり返し解いていくことで、受験のテクニックを身につけ、ウィークポイントがあれば克服していきます。

英検®二次面接対策(全4回・3級~2級)

英検®の二次試験対策に特化した特別なレッスンです。二次で想定される質問に順調に答えられるよう指導します。試験直前に、二次試験の流れも確認しながら、現在持っている地から遺憾なく発揮することを目指します。

シェーンの英検®対策レッスンはこちらからご覧いただけます。
https://www.shane.co.jp/kids/lesson/detail/eiken.html

また英検®レベルチェックテスト(小学生・中学生対象)も随時受付しています。
https://www.shane.co.jp/information/eiken_check

英検合格は英語学習の通過点

英検受験にはもちろんテクニックがあり、テストのコツもありますが、目標は英検合格だけではありません。目標は英語のスキルを身につけて、英語でのコミュニケーションを円滑にはかることです。テストに合格したから、高いスコアを取得したから、英語が話せるわけではありません。
しかし英検で段階的に英語の勉強を積み重ねて、1級まで登り詰めれば、英語のコミュニケーションは必ず手に入れられるはずです。そこまでの道のりは、より多くの英単語と熟語を覚え、英語表現を身につけるための勉強の積み重ねが作り上げます。英検受験をきっかけに合格を目指せば、それがお子さまの英語の実績につながります。やるからには英検2級、1級を目指せるようにサポートしてあげましょう。