TOEIC®のスコアアップに必要な勉強時間の目安 目標達成への道のりは?

2020.06.01

試験対策

英語の能力を証明するTOEIC®L&Rテストは、日本の企業でも英語レベルを図るため、スコアの提出が求められています。初めてTOEIC®L&Rテストご検討されている方に、まずはテストがどんなものか、ご紹介しましょう。TOEIC®L&Rテスト。このLはListeningの力、RはReadingの力を推し量るテストで、実践でどれだけ英語が使えるか、試されます。特にこのテストは、限られた時間内で設問を解くことが求められています。この受験のためのテクニックを、身につけることもスコアアップの鍵。
まずはレベル別の英語力とそのための勉強について、ご紹介しましょう。

【スコア別】TOEIC®L&Rテストの勉強の目安

  • 【スコア別】TOEIC®L&Rテストの勉強の目安 【スコア別】TOEIC®L&Rテストの勉強の目安



スコアはListeningとReadingの合計で算出されます。各ポイントは495点、最高スコアは990点になります。中上級レベルなら合計700点程度が目安、海外での仕事に就きたい場合は、合計900点の上級レベルは必要になりそうです。
高校卒義程度のスコアが550点以上、英検®2級合格レベルです。英検®準2級レベルで400点以上。でも机上の勉強だけはハイスコアは狙えません。実践的な英語力を着実につけ、限られた時間で解答する受験テクニックも必要です。
自分がどれくらいのレベルなのか、インターネットの設問に答えて合格率がわかるサイトもあるので、まずは自分の今の力を知ることが先決です。今の自分のスコアから100点スコアを上げるには、そのスコアの2倍から3倍の勉強時間の要すると言われています。
次にTOEIC®L&Rテストが公的に示す、テストのレベルをご紹介していきます。

目標スコアを決める際に知っておきたいTOEIC®L&Rテストのレベル

  • 目標スコアを決める際に知っておきたいTOEIC®L&Rテストのレベル 目標スコアを決める際に知っておきたいTOEIC®L&Rテストのレベル



△470点以上
初級から中級レベル。日常の実践的な場面で、概ね相手の言っていることが理解でき、それに応えることができるレベルです。このレベルではまだ込み入った場面でのコミュニケーションができるには難しい段階です。

△730点以上
中級から上級レベル。英語での生活がほぼできる英語力で、英語での仕事に就くことに支障がないと言われています。英語の正確さにはまだ完全ではないが、コミュニケーションが図れるレベルです。

△860点以上
上級レベル。ネイティブスピーカーに近い英語力を持ち、専門的なことについてはそれぞれの経験上で、コミュニケーションがはかれる力を持っています。

ListeningとReadingの力を併せて、このスコアを目指すわけですから、バランスのよい勉強方法が大切です。ではどうやって勉強するか、またどうやってその時間を捻出するかを、次に考えていきましょう。

TOEIC®L&Rテストの目標スコア達成に向けて勉強時間を確保するポイント

  • TOEIC®L&Rテストの目標スコア達成に向けて勉強時間を確保するポイント TOEIC®L&Rテストの目標スコア達成に向けて勉強時間を確保するポイント



ではどうやって試験のための勉強時間を確保していくか、考えていきます。実用の単語をいかに覚えていくか。てっとり早い方法は、TOEIC®L&Rテストの頻出単語を公式問題集から引き出し、そこから単語帳を作ります。この単語帳は時間があればいつでもどこでも開いてみます。スマホのアプリでもいいのですが、ここで単語を拾い、手で書き写すことが記憶の定着を促すと言われています。この機会にデジタルではなく、アナログの勉強を始めてみましょう。手で書く。単語帳をめくる。記憶の定着にはおすすめです。そして学習の継続が、記憶力をさらに高めます。
単語力がスコアを取得するための最初のステップです。1日の時間は限られていますので、通勤中、お昼休み中等の隙間時間を有効活用しましょう。効率的に学ぶためには1日2時間の時間を確保したいところですが、勉強は毎日の継続が大切です。また試験対策の問題集を開き、1日のどこかでまとめて勉強することにも努めましょう。

リスニングの基礎力を上げるためには、音声を使った教材のアプリや、海外のニュースサイトを習慣的に開くこともお勧めします。英語力を高めるには、英語に触れる時間が多いことが大切です。ネイティブたちの発音に耳を馴らし、その意味をつかむよう努力します。

リーディングも問題を解くことに加え、いろいろな海外のサイトに手を伸ばしてみます。英文には決まった表現があります。長文を読んでいてわからない単語帳があったとしても、とばしてその意味を推測することもありです。まるまる全ての単語わからなくても、英文のタッチを感じ、後でその意味を確認していきます。

勉強が苦にならない工夫を重ね、楽しみながら学習を続けましょう。

シェーンではネイティブ講師と日本人講師による、TOEIC®L&Rテスト対策レッスンをご用意しています。ネイティブとの英語でのやりとりでスコアアップを目指すか、日本人講師と試験対策を練りながら、弱点を克服し、スコアアップを目指すか、2つのタイプからレッスンをお選びいただけます。

英語はコミュニケーション。満点を目指す気持ちも大切ですが、点数でははかれない意志疎通もあります。どうやったら自分に合った勉強ができるか、試行錯誤しながら英語に対峙してみましょう。始めなければ、何事も成功にはつながりません。さあ今こそ、TOEIC®L&Rテストのスコアアップを目指して、勉強を始めましょう。