Waterstones~From the United Kingdom

2020.02.01

英国コラム

ロンドンの書店に行ってみませんか…

  • Waterstones

ヨーロッパで最大の売り場を誇る、書店がロンドンのピカデリー・サーカスにあります。それがWaterstons。創業してまだ40年も経っていない書店ながらあらゆる書籍を取り扱い、レストランやバーまであるのですので、日がな1日いても飽きません。後でロンドン大学の近くにもWaterstonesを見かけました。ロンドン市内をはじめ、英国内、ヨーロッパに店舗を展開しています。

ピカデリー・サーカスの店舗の上階には、大きなテーブルと椅子を見つけました。ゆっくり座って読書できる度胸は持ち合わせていませんが、気になった本を手に、座ってみました。手に取った本はあの時の広島のお話。当時アメリカの従軍記者、ジョン・ハーシーが記したあの時の広島の惨状。あの日広島にいた人たちを取材して書かれたこの本は、ピュリッツアー賞を受賞しています。あまり長居も気が退けるので、ぱらぱらと捲ってみただけでしたが、書店内に、こんな大きな図書館のようなテーブルと椅子とは驚きました。

  • Waterstonesのアフタヌーンティー



この時Waterstones買った本はロンドンの地下鉄の名まえの由来。主な駅名だけではなく、全駅名のその名の由来が載っていたので、英国人の調査におけるマニアックさに、また気づかされました。機会があったら、駅名の由来はまたどこかでご紹介しましょう。またシェーンのベージで探してくださいね。