Easter Egg~From the United Kingdom

2019.03.01

異文化理解

美味しい卵のチョコレートは春になるとたくさん♡

  • シェーンのお役立ち情報
  • シェーンのお役立ち情報



イエス・キリストの復活を祝うEasterは、春分の日の後の最初の満月の次の日曜日。ですので、毎年同じ日ではありませんが、日曜日になるよう設定されていて、Easterが近くなると英国では、カラフルな卵出回ります。

でもなぜ卵なのでしょうか? 諸説いろいろあるようですが、卵は新しい命の象徴。その卵にキリストの復活を願ったのかもしれません。Easter eggは元々キレイに着色された茹で卵でしたが、今ではクリーム・エッグが人気。チョコレートの殻を開けると、卵の黄身と白身のようなクリームが出てくるEasterシーズン限定のスイーツです。

そしてEasterのもうひとつのマスコットがウサギ。Easter eggを運んでくると言われています。ウサギは多産のシンボルなので選ばれたらしいのですが、哺乳類なので本物のうさぎは、卵で生まれてくるわけではありませんの、お間違えないように。あくまでもEasterでのお話です。