Zebra Crossing~From the United Kingdom

2019.10.01

異文化理解

Zebra Crossing
英国には通りに動物たちがいるんですよ…

  • Zebra Crossing
  • Zebra Crossing



英国の通りには動物たちがいるんです。そのひとつがzebra crossing。そう、日本と同じシマウマの横断歩道は、英国から来たもののひとつですね。信号がなく、黄色い丸いライトが点滅して、車に歩行者がいるかもしれないと知らせています。初めてzebra crossingが使われたのは1934年のロンドン。LOOK LEFT、LOOK LIGHTと書かれていて、歩行者にも注意を喚起しています。そのうえドライバーたちには白のジクザグのラインで、近くにzebra crossingがあるよと道路に目立つようにマークして、歩行者への注意をさらに促しています。

そして歩行者専用の信号機がついている横断歩道が、pedestrian light controlledを略してpelican crossing。歩行者はボタンを押して渡るのは日本も同じです。ロンドンの大きな通りには、道の真ん中に歩行者専用の島があり、pelican crossingで渡りきれなかった人たちをそこに待たせています。とにかくオックスフォード・ストリートは休日だけではなく、いつも人であふれていますので、この島で信号を待っている人たちはいつも見かけます。

そしてロンドンで一番有名なzebra crossingは、そうビートルズのアルバムの写真にも使われたアビーロード。ロンドン中心より少し北、地下鉄セント・ジョンズ・ウッドから徒歩3分ほどの場所にあります。車の通りが激しい場所なので、記念撮影にはくれぐれもご注意を。