National Trust~From the United Kingdom

2020.02.07

異文化理解

National Trust
英国の財産を守る団体のご紹介です。

  • National Trust
  • National Trust



英国では後世に残す価値のある自然の景観、歴史的建造物を、このNational Trustが管理、保護しています。古城や邸宅だけではなく、パブもNational Trustの管理に入っているのです。何世紀も昔の人々の暮らしの中で慈しまれた建物で、現代の私たちもビールを呑み、憩のひと時を過ごせるとは、何て素敵なことでしょうか。そのうえシェークスピアもここで呑んでいたとは、驚きです。同じ場所でお酒を呑める幸せを感じます。

間もなく20世紀になろうとする頃、National Trustの活動は始まりました。世界遺産にもなったストーンヘンジや、ピーターラビットの故郷の湖水地方などの保全管理も行っています。残したい自然遺産、由緒ある建造物を永久にそのままの状態で保全されるように、弁護士・事業家・牧師による一般市民の3人によってNational Trustは設立。その活動に賛同した人々が大勢現れ、活動は大きくなっていきます・その中には、ピーターラビットの作者ビアトリス・ポターもいます。ポターは遺言として、湖水地方の土地と農場をNational Trustに遺贈しました。かつては女王の母君のエリザベス皇太后が、National Trust総裁を務め、今はチャールズ皇太子がその任に当たっています。「1人の1万ボンドの寄付より、1万人の1ポンドずつ」がモットー。

National Trustが管理しているフェントン・ハウスとレッド・ハウスは、ほんとうに一見の価値ある美しい場所でした。