Kew Gardens~From the United Kingdom

2020.02.01

英国コラム

英国が誇る王立植物園がキューガーデン
お天気の好い日は、1日かけてゆっくり回ってみませんか。

  • キューガーデン



正式名称はRoyal Botanic Gardens, Kew。ロンドンの南西部に広大な敷地を擁しています。王立植物園として今や世界中の植物たちが集まる世界最大の場所となりました。巨大な温室パーム・ハウスをはじめ、テンパレート・ハウス、中国のパゴタなど歴史的建造物が樹木、植物に彩られています。

特に英国王室の領地だった場所だからこその宮殿キュー・パレス、小ぢんまりとした宮殿ですが、煉瓦の鮮やかさが印象的な建造物。国王ジョージ3世とその妻シャルロット妃、その子どもたちが過ごした小さな宮殿の庭にはラベンダーが咲き乱れていました。広大な敷地内で植物に囲まれながら、1日かけてゆっくりと回りたい場所です。キューガーデンは、2003年にはユネスコの世界文化遺産に登録されました。

※写真はキュー・パレスの裏庭から見た風景。夏はラベンダーが咲いていました。