Theatre Royal Drury Lane~From the United Kingdom

2019.09.01

英国コラム
  • Theatre Royal Drury Lane

英国のとある劇場のお話。

  • Theatre Royal Drury Lane



ロンドンのウェスト・エンドには劇場がたくさん。毎日何かしらの演目が上演されています。地下鉄コヴェント・ガーデンの近くにTheatre Royal Drury Laneという劇場があります。2000名近くを収容し、どこか古めかしい外見からは、中が想像できなません。ロンドンの劇場はロイヤル・ボックスなど、劇場内の装飾が美しいところも多いものです。でもこのTheatre Royal Drury Laneは、とても英国らしい不思議なことが起こるようで・・・ 今回はとてもありがたい幽霊のお話をご紹介しましょう。

彼は昼間しか現れません。The Man in Grayと呼ばれている幽霊。背の高いハンサムな男性で、決まって3階の後方に出現するそうです。なぜ、昼だけなのでしょうか。18世紀のスタイルで、長い灰色のコートを着ているとは、また謎めいています。17世紀にはすでにこの劇場はあったそうなので、とても古い劇場です。どんな理由で、彼はここに出現しているのでしょう。それは誰にもわかりません。でも彼が現れると、その演目はヒットするそうです。劇場関係者たちがいつも彼の出現を待っているようです。

もしTheatre Royal Drury Laneに、お出かけになることがあったら彼を捜してください。