Petrol~From the United Kingdom

2020.01.22

異文化理解

Petrol
さて何のことでしょう?

  • Petrol



英国のガソリンはpetrolと呼ばれ、ガソリンスタンドはpetrol stationになります。英国のエネルギー関連企業の最大手、BP(British Petroleum)もこのPetroleum(石油)から来ています。BPは、創業してしばらくして、後に男爵になったチャールズ・グリーナウェイ氏が会長となり、あのかつての宰相ウィンストン・チャーチルとも渡り合います。時は第一次世界大戦開戦。燃料は必需品です。グリーナウェイ会長は、チャーチルに軍との契約を取りつけました。その後英国を代表する企業として発展します。

緑と黄色の文字のロゴは、街中を車で走っているとよく見かけましたが、今ではちょっと目立たないロゴに変わってしまっています。石炭から石油へ、エネルギーは培ってきた地球の資源をいただいているのですから、限りのあるものです。大切にその使いたいものですね。

ちなみにアメリカ英語ではgasoline。アメリカ英語とイギリス英語、どちらも知っていれば英語表現の引き出しはたくさんになり、会話の幅が広がりますよ。