Rugby~From the United Kingdom

2019.08.02

英国コラム

2019年9月、日本で初のrugbyワールドカップが開催。北海道、岩手、東京、神奈川、埼玉、静岡、愛知、大阪、兵庫、福岡、大分、熊本の12会場で熱戦をくり広げます。
でもRugbyはイギリスでから生まれたスポーツって知ってましたか?

  • Rugby



発祥は、英国のパブリックスクールのRugby School。このイングランド中部の名門校に在学していたウィリアム・ウェッブ・エリスという学生が、フットボールのゲーム中に手にボールを持ったまま走ったことに始まります。それが1823年のこと。当時のフットボールはまだ手を使うことが許されていたようですが、ボールを持ったまま走るという行為はNGでした。それから学生たちはこのスポーツのルールブックに着手するようになったそうです。意外とボールを持って走るなんてことは、あったようでなかったので、思いのほか楽しかったのかもしれません。

そして紳士の国、英国ならではの競技のモットーも生み出されます。それがdiscipline。この言葉には、訓練、鍛錬で得た自制心や克己心の意味があり、これがrugbyの根幹をなすものとなりました。己を律する精神は、英国紳士にも通じることがあったようです。外から見ていると格闘技のようにも思えるスクラムですが、反則をすることなく、鍛えた身体をぶつけ合っていたようです。そして選手たちもガタイはすごいですが、とても紳士的。おしゃれにも気を遣い、イケメン揃いの印象です。ワールドカップでは、そんな選手たちの活躍が楽しめそうです。