幼児期の英語教育の必要性と楽しみながら英語を身につけさせる方法

2018年08月27日
  • 勉強法
  • 幼児期の英語教育の必要性と楽しみながら英語を身につけさせる方法 幼児期の英語教育の必要性と楽しみながら英語を身につけさせる方法

インターネットが普及するようになってから世界中の情報がリアルタイムで入って来るようになり、最近ではLCCと呼ばれる格安航空会社の台頭で海外へも手軽に行けるようになりました。と同時に色々な国の人々が日本を訪れるようになっています。

国際化社会が進み今まで以上に英語を使う必要性が出てきているにも関わらず、今の日本では他の国と比べて英語教育が遅くれている傾向があるので、なかなか日本人の英語の習熟度は上がりません。
もう少し早くから英語の勉強をすればもっと英語を上手に使うことができるとは思いませんか?

そこでここでは幼児期の英語教育の必要性と楽しみながら英語を身につけていく方法についてお伝えします。

「幼児期に英語教育を行うメリット」

国際化社会の今、子どもの将来のために英語を身につけさせたいと思う親御さんが増えています。
日本政府は今まで中学生から教科としていた英語を2020年からは小学校三年生から必修で成績が付く教科として取り入れられます。子どもにネイティブのような英語を話せるようにさせたいのであれば、幼児期から学習させた方が良いと言われています。

理由はいくつかあり順番に説明していくと

①幼児期から正しい英語の発音を学習すると「英語耳」になり、日本人が苦手とする「R」と「L」の違いなども頭で考えなくても自然に聞き取れるようになります。それは幼児期に文字として英語を覚えるのではなく感覚的に耳で覚えることで「英語耳」となり、一度覚えた感覚は大人になっても身体が覚えています。

②幼児期には理論的に英語を学ぶのではなく直観的に学びます。
そのため英語が身につきやすく、大人が習得するスピードよりも早く英語を身につけることができるのです。
英語には独特の言い回しがあり、普通の会話を日本語に直訳して考えると微妙に違ったニュアンスになる場合があります。幼児期から英語を学んでいると英語を使う時は英語で考える癖を付けられ、英語独特の言い回しを感覚的に理解できるようになります。


③また幼児期から海外の文化に触れることで、子どもが異文化の理解や価値観を学ぶことができます。
幼児期の頃からさまざまな文化に触れることは子どもにとって、とても大きな財産になります。小・中学校で英語の授業が始まってもスムースに取り組むことができ、外国人とも抵抗なくコミュニケーションが取れるようになります。小さな頃から英語を学習すると自然と英語が身につき、海外の文化や風習にも触れることができると言うことです。

「幼児期の英語教育で注意したいこと」

①幼児期に英語を勉強する際に注意したい一つ目は、語学の学習が4つのスキルにわかれていることです。
Listening 聴く / Speaking 話す / Reading 読む / Writing 書く
幼児期には英語のReading・Writing(読み・書き)に力を入れるよりも、Listening・Speaking(聴く・話す)に力を入れて学習する事をおすすめします。


幼児期はまだ脳が発達中なので頭で考えて学習する英語の読み書きには適していなく、感覚的に覚えるListening ・Speaking(聴く・話す)を学習した方が飲み込みも早くなります。また幼児期に身につけたListening ・Speakingは大人になっても生かされます。よく「日本人は英語の読み書きが出来るのに話す事が出来ない」と言われますが、幼児期に正しい発音の英語を身につけ、英語に慣れ親しんでいると自然に言葉が出てくるようになります。

②2つ目に注意したいのが英語の学習に力を入れすぎるあまり、日本の文化や習慣を疎かにしないことです。
外国人と接すると必ず聞かれるのは日本の事です。その時に日本人として答えられないと言うことはとても恥ずかしいことです。日本人である以上きちんとした日本語はもちろん日本の文化や習慣もしっかりと身につけて、日本人としてのアイデンティティを大切にしましょう。


③親が英語教育に熱心になり過ぎて子どもが英語嫌いになることもあります。
英語教育だけではなく子どもに習い事をさせる時は、親がさせたいからではなく「子どもがやりたいと思っている事」が重要になってきます。無理に習わせても身につかず反対に英語が嫌いになっては困りますので、子どもが楽しく英語を学べるように親御さんもしっかりとフォローしてください。

「幼児期の英語教育を軌道に乗せる3つのステップ」

子どもが楽しく英語を学ぶにはどんな事をすればよいのか考えてみましょう。

●STEP1 英語を聴く


例えば家に居る時に子ども向けの英語の歌や映像を流していると内容があまり理解できなくても、英語を聴くだけで英語のリズムが耳に入ってきます。DVDもいいですが、ケーブルテレビなどの英語のニュースを流しておくのも良いと思います。

●STEP2 簡単な単語や文を読む


まず始めはイラスト付きの単語カードなどで身の回りの物や短い単語から始めると覚えやすいでしょう。一度にたくさんは覚えられないので毎日少しずつ繰り返し続けて行く事が大切です。

●STEP3 英語を話せる場所を探す


覚えた英語は使うことでもっと上達しますので英語を話すことができる場所を探しましょう。外国人の多い場所に出掛けて行ったり、英会話教室に通ったりするのもひとつの方法です。会話をする事で英語の使い方や対人コミュニケーションなど卓上では学習できないことが学べます。

「幼児期の英語教育で効果的な歌の魅力」

英語を聴くことは重要だとお伝えしましたが、幼児期に英語を学習する効果的な方法として歌を使って学ぶ方法があります。
子どもは歌が大好きで、音楽を流すと自然に踊ったり口ずさんだりします。また言語にはそれぞれの言語独特のリズムがあり、例えば英語には英語のリズム、フランス語・中国語・スペイン語など、その他の言語や私たちが話している日本語にもそれぞれに独特のリズムがあるのです。子ども向けの英語の色々な音楽を使って繰り返し歌うことで英語のリズムや発音を遊びながら身につける事ができます。
子ども向けの英語の歌は何度も同じフレーズを繰り返していて覚えやすく、子どもでも簡単に口ずさむことができ、音が似た英単語で置き換えられていることも多いので類似した表現の発音や意味も学べます。音楽が英語の教科書になります。

「幼児の英語力を高めるのに適切な教材とは」

次に幼児の英語力を高めるためにどのような教材が良いかをいくつか例にあげると

●DVD・CD付きの教材を選ぶ


映像を見たり音楽を聴いたりすることで、視覚・聴覚から英語を学ぶことができます。

●英語の絵本を読み聞かせる


日本の絵本もそうですが幼児向けの絵本は簡単な言葉で子どもにわかりやすいように書いてあり、絵やストーリーに関心を持つことで英語に親しみを覚えるようになります。

幼児期の英語教育に大切なもの

子どもに英語を学習させるのに大切なのは子ども自身が楽しく英語を学ぶ事です。
楽しいと感じれば親が何も言わなくても自発的に英語に触れようとします。そこで親は子どもが楽しめるような教材を探したり家で英語を流すなど、普段から子どもが英語に触れる機会を作るようにしましょう。途中で子どもが嫌がっても無理強いせずにもう一度子どもが英語を勉強したくなるような環境にもって行くことも重要です。焦らずにじっくりと時間をかけて英語を学ぶことが子どもにしっかりと英語を身につけさせる方法だと思います。

ピックアップ ー Pick up ー