ビジネス英語レッスンのご案内

2020.02.01

勉強法

今年こそビジネスで使う英語を身につけたい。
単語や表現を知っているだけではなくて、
実際の場面で使いこなせる力をつけたい。
そのような方におすすめしたいのが、シェーン英会話の「ビジネス英語」。

ネイティブ講師が指導する、レベル別「ビジネス英語」レッスンの学習内容をご案内します。

レッスンの特長

  • ビジネス英語レッスンのご案内

■一人ひとりの弱点を補強
初級(Elementary)~上級(Advanced)までの5レベル設定で、着実なレベルアップが可能になるようデザインされています。個人のニーズや状況を考慮に入れて指導を進めます。

■英会話力向上に最重点
充実したスピーキング、リスニング演習と、ネイティブ講師との実際のやりとりを通して、英語の会話力を効果的に伸ばします。

■ビジネス場面の運用力向上
ビジネスで頻繁に用いられる単語や表現を厳選して学習し、交渉、プレゼンテーションなど、さまざまな場面でそれらを使いこなす運用力を養います。文書・メール作成、ニュース読解などの読み書きを含め、オールラウンドな実戦力を向上させます。

■国際基準のビジネスマナーや知識を習得
実際の国際ビジネスを反映したテキストを使用し、背景知識も身につけます。

レッスンの流れ

大まかな流れは以下の通りです。
一人ひとりの生徒さんのニーズに合わせて調整しながら進めていきます。

ユニットのテーマに関わるクイズや質問でスタート
ユニットのイントロダクションに当たるセクションです。
短いディスカッションをしながら、背景知識を整理します。

ユニットのテーマに関する重要語彙を、リスニングやリーディング教材から学び、アクティビティを通して身につけます。

会議、プレゼンテーション、情報交換、電話によるコミュニケーション、接待・社交など、実際のビジネス場面で役立つ重要表現を学習。リアルな設定で使いこなす練習をします。

学習した重要表現について文法の知識を再確認
誤解を生じさせない、正確なコミュニケーションを目指します。

社内の日常的なやりとりや電話会話など、日ごろよく使う表現を学習。
より自然な発音も身につけます。

ユニットで学習した内容を思い出しながら、実際の事例の解決や対応に取り組みます。
より現実性が高い、リアルな設定でコミュニケーションを行い、ビジネス場面で英語を使いこなす力を養います。

テキスト添付のワークブックやDVD-ROMなどを使用して、レッスン外の時間にも十分な練習ができます。

レベル別の学習内容

各レベルでは、以下のようなテーマに沿って必要な語彙や表現を学習。 実際の場面に近い設定で、意見交換、プレゼンテーション、交渉などを行います。

初級 (Elementary)

自己紹介、簡単な会社説明、電話応対、日常業務の説明、来客案内、ミーティングの手配、チーム内ミーティング、出張手配、スケジュール計画など

準中級 (Pre-intermediate)

会社や組織の説明、商品開発・製造・発注・販売等の会議、顧客対応、来客対応や接待、人事関連(採用・評価・研修・キャリア)の報告や発表、出張業務、将来予測など

中級 (Intermediate)

プロジェクトミーティング、顧客サービス、規則・規制の説明、セキュリティ、チーム管理、ロジスティックス、職場環境、ディシジョンメイキング、イノベーション、問題解決、製造過程の変更、業績評価など

準上級 (Upper intermediate)

ビジネス人脈づくり、プロジェクト管理、新規事業、企業倫理、ディシジョンメイキング、アウトソーシング、テレコンファレンス、数値情報、業績評価、異文化間コミュニケーションの問題など

上級 (Advanced)

異文化体験、キャリアパス、テレコンファレンス、リスク管理、対立関係の解決、スタッフの育成、会社の資産、リーダーのスタイル、企業価値、拡張計画など ビジネス英語に特化した教材を使用して、ビジネス場面でのコミュニケーション力を効果的に向上させるレッスンです。 シェーンのネイティブ講師の指導により、実践的な英語力を身につけることが可能です。