Let~From the United Kingdom

2020年01月08日
  • 英国コラム

今回は、不動産の英語表現をご紹介しましょう。

  • Let Let



ロンドンの街を歩いていると、ビルからビルに不動産の看板がよくあります。TO LETは「貸します」で、letを使うのが英国表記。アメリカだとFor Rentと書かれているようです。
例えば…3000sq.ft. REFURBISHED SELF CONTAINED OFFICEとあれば、オフィス機能のある3000平方フィートのリフォーム物件を貸しますということになります。 「売ります」の場合は、FOR SALEの看板文字。公園が見えて24時間管理人がいて1548平方フィートが6億〇〇〇〇千万円では高いのか安いのか。平方フィートはまたややこしいところ。この物件は143.814平米みたいですが、日本でも億ションサイズなので、6億何千万で安いのか高いのか、もはやわからないところです。

  • Let Let



ちなみにこの物件、leaseholdなので貸借物件。自己所有権ならfreeholdの物件になります。借りる場合は、ロンドン郊外のウィンブルドンにある物件が2ベッドルームに2バスルームのflatで、liftありで約27万円、なんていうのもありました。こうして不動産広告を見ていると、けっこう英語の勉強になりそうです。