Wimbledon~From the United Kingdom

2019年10月01日
  • 英国コラム

テニスの聖地へ行ってきました♪

  • Wimbledon Wimbledon
  • 最寄のSouthfields Station 最寄のSouthfields Station



毎年6月にテニスの4大トーナメントのひとつとしてWimbledonで熱戦がくり広げられます。1877年7月に第1回大会が開催されてから、今では世界4大大会のグランドスラムの大会にもなりました。Wimbledonはロンドンの南、中心地から地下鉄で20分ほどの場所ですが、降りた駅から少し歩くことになります。でも大会開催中は当日券を求めて、大勢の人たちが訪れ、早朝から並びます。人気のある試合はもちろん、テントの徹夜組も出るほどです。

Wimbledonは他のグランドスラム大会とは違って、選手にはウェアの決まりがあります。白を着用することが全選手に義務づけられています。それもオフホワイト、クリームもNGで、全くの白を着用、それもシューズまで白と決められていました。今では少しは緩和されているところもあり、以前はシャツも襟つき、ボトムの中にシャツは入れることと、まるで学校のようなルールでした。
白のルールになったのは1963年、汗が染みだす濃い色は、社交の場のWimbledonには、ふさわしくないと考えられたからと言われています。

2013年アンディ-・マレー選手が、フレッド・ペリー以来77年ぶりに英国に男子の優勝をもたらしました。1914年までは英国人の優勝者ばかりだったのに、今は各国しのぎを削っています。日本人初の優勝者が待ち遠しいところです。