Tower of London~From the United Kingdom

2019年10月23日
  • 英国コラム

ロンドンでも大人気の観光地、Tower of London

  • ※写真は王室の宝冠等を管理する宝石店Garrard ※写真は王室の宝冠等を管理する宝石店Garrard



実はここに行ったことがありません。英国の歴史を知れば知るほど近づけない場所になりました。夏目漱石の小説としても有名な倫敦塔、Tower of London。でも今回はここに収蔵されている、英国王室の秘宝についてご紹介しましょう。

金色に輝く王杖。これは元々国王の身を守るものでしたが、今では儀式用になりました。君主の戴冠式にはたくさんの剣が用いられますが、それぞれの意味があります。俗事正義の剣、教法正義の剣、仁慈の剣。これらの剣は即位する君主を、先導する役割を持っているそうです。17世紀から伝わる大宝剣は、両の手で持つ大きな剣。毎年の国会の開会式でもお目見えします、金の聖エドワードの笏は、戴冠式には祭壇で君主を見守ります。戴冠式では聖油という油を、神の祝福として君主になるものの頭に注ぎます。この時使う、鷲のアンプラ(聖油瓶)と、細工の見事なスプーンはさん然と輝く金製。この聖油の儀式は宗教上とても大切な儀式なので、エリザベス女王陛下の戴冠式にはテレビでは放映されていません。君主が祭壇に捧げる御剣は、大きなエメラルドで彩られ、こちらも必見です。戴冠式用の衣裳のひとつ、インペリアル・マントは金糸10キロもの豪華なもの。戴冠式は新たな君主にその財宝を捧げ、君主の権威を与える意味も持ち合わせ、そのために財宝の数々が登場しているようです。ヴィクトリア女王のために作られた戴冠式指輪は、ルビーとサファイアをイングランドの象徴のクロス、その回りをダイヤモンドで埋め尽くしています。十字架のついた王笏には、世界有数のダイヤモンドのアフリカの星が輝いています。

かつてBBCで放送されたプログラムからご紹介させていただきました。見るべきたくさんのお宝がありますので、ぜひお出かけください。