Stone of Scone~From the United Kingdom

2019年10月15日
  • 英国コラム
  • Stone of Scone Stone of Scone

イングランドとスコットランドにはこんなお話がありました。

英国はイングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランドの4つの国の連合国です。その長い歴史には、語りつくせないほどたくさんの物語があります。今回はStone of Scone。あのお菓子と同じつづりです。これは現在のスコットランドが都として定めたSconeで、国王が戴冠式で使った玉座のこと。運命の石と呼ばれている石のことです。

まだスコットランドになる前、アルバ王国が都としたSconeの地にこの運命の石を置き、それからStone of Sconeとなりました。縦66㎝、横42㎝、高さ28㎝のStone of Sconeの重さは152キロとも言われ、1296年までSconeの修道院にありました。1249年7月にアレクサンダー3世が8才で即位。即位式は、このStone of Sconeのうえで着座して行われていました。いかなる王もStone of Sconeに座らずして、スコットランドの王位には就けなかったと伝えられています。
しかしそれから50年近く経た1296年、イングランドとの戦いに敗れ、Stone of Sconeは、イングランド国王エドワード1世によってウェストミンスターに持ち帰られます。それから700年間、スコットランドの地には帰ることはありませんでした。

1996年7月3日、当時首相になる前のトニー・ブレアによって、エディンバラ城にStone of Sconeは、返還されました。ブレアはスコットランド・エディンバラの出身でしたので、これ以上の禍根は残したくなかったのでしょうか。翌1997年ブレアは首相に就任。英国に1979年以来の労働党の風を巻返しました。

※写真はSconeの名を冠したスコットランドのお城です。