Scotland Yard~From the United Kingdom

2019年12月01日
  • 英国コラム

Scotland Yard
ニュースではロンドン警視庁って呼ばれています。

  • Scotland Yard Scotland Yard



日本のニュースでは、ロンドン警視庁と表現されていますが、英語ではScotland Yard。英国の首都ロンドンを警備する公的な組織です。その制服の素敵なことも有名。また馬に乗って颯爽と公園内をパトロールする姿もよく見かけます。エリザベス2世のお印の入った丸い帽子が素敵ですよね。でもなぜ、Scotland Yardと呼ばれるようになったのか…その答えは案外簡単でした。その警察組織の在った場所が、Great Scotland Yardという通りに面していたようで、日本の警視庁を桜田門と呼ぶのと同じ理由でした。

  • かつてのScotland Yardはここにありました かつてのScotland Yardはここにありました



実はチャリングクロスで道に迷い、小さな通りに入り込んでしまったことがありました。建物の中に馬がいた~と驚いていたら、人だかりがあって、そこが元ロンドン警視庁のあった通り、Great Scotland Yardでした。人だかりはツアーで回っていた人たちだったようです。偶然辿り着けたGreat Scotland Yardは、落ち着いた佇まい。こんな場所でロンドンを守っていたとは思えない不思議な静けさがありました。
今現在、Scotland Yardはテムズに沿ったヴィクトリア・エンバンクメントにあり、正式の名称はNew Scotland Yard。ロンドンの治安を守ることには変わりはありません