Pint~From the United Kingdom

2020.02.12

異文化理解

英国ではよくパブで使われる単位のお話…

  • Pint



英国のパブでは、ビールの銘柄はもちろん、サイズも伝えることが必要です。最近日本でも大ジョッキ、中ジョッキ、小ジョッキなどといろいろ頼み分けができてはいますが、英国ではpintで示します。1pintが 約583mlなので、生ビールの中ジョッキくらいでしょうか。このpintは、ポンドやヤードと同じ欧米で用いられている単位のことですが、何とアメリカとは違うそうなのです。アメリカでは液体約473ミリリットル、乾物が約550mlとまた違うようなので、ややこしいところです。

パブでの注文は、スタウトをone pint、ラガーをhalf pint、ギネスをone pintと注文するわけです。それもラウンド制なので、人数分のビールを最初の1人が奢って、次の人がまた奢って、また次の人が、と人数分を呑み終わるまで続きます。

またこのpintグラスのカタチが、何とも英国らしくて素敵です。丸みを帯びて、ちょうど泡の立つあたりに膨らみを持たせたデザインは、英国ならではのものです。来日した英国の友人たちに頼んだら、買ってきてくれました。もう10数年欠けも割れもせず、我が家でビールが注がれています。

最近はあの独特のカタチをしたpintグラスはあまり見かけなくなりました~残念です。