Drawing Room~From the United Kingdom

2019.11.01

異文化理解

Drawing Room
この豪華なお部屋をご覧ください。

  • Drawing Room



さて、drawing roomって絵を描く部屋? 実は応接間のこと。それも身分の高い人たちが暮らす邸内にある応接間、客間のことを指します。

英国の国王・女王の応接間はdrawing roomと呼ばれて、大きな絵画が縦に並ぶほど天井の高い空間、その天井を彩る彫刻や絵画のある究極のお部屋から、マナー・ハウス(領主の館)の居心地のよいお部屋などいろいろありそうです。このdrawing roomで賓客をお迎えする椅子もさまざま。オーク(楢)材、ウォールナット(胡桃)材、マホガニー(桃花心木)材と木材から、エリザベス様式、クィーンアン様式、ヴィクトリア様式と王室の名を冠したスタイルや、英国の家具職人のチッペンデール様式など、デザインにも変遷があります。高い背もたれの耳まですっぽり埋もれるwing chairにゆったりと座って、お客さまとおしゃべりを愉しみたいところですが、身分の高い方々にとってdrawing roomは、執務的な役割だったのでしょうね。