quadrillion (千兆)、quintillion (百京)、sextillion (十垓) 大きな数字は怖くない

1,000,000,000
さて上の数字、英語でなんと読むでしょうか。大きい数字に慣れていないと、日本語でも0の数を一、十、百、千、万、・・・と数えてしまいますね。答えは英語でbillion、日本語だと10億です。ところがその昔、イギリスではbillionが1兆を表している時代がありました。なんとも紛らわしいことです。現在ではイギリスでもbillion=10億が定着しているようです。

現在、日本では主にアラビア数字が使われ、大きな数字は3桁毎にカンマがふられています。5万ならば50,000ですね。500万ならば5,000,000です。しかし、日本語の数字は4桁毎に万、億、兆とユニットを作っているので、5万なら50000、500万なら500 0000と4桁区切りにしてくれたらわかりやすいのに思ってしまうのは私だけでしょうか?

  • quadrillion (千兆)、quintillion (百京)、sextillion (十垓)<br />
大きな数字は怖くない quadrillion (千兆)、quintillion (百京)、sextillion (十垓)
    大きな数字は怖くない



一方、英語の数字は3桁毎のユニットになっています。ユニットの区切りとカンマの位置と合致していますので日本語よりずいぶんわかりやすくなっています。
最初のカンマまででは問題ありませんね。
999 (nine hundred and ninety nine)
1,000 初めてのカンマでone/a thousand(千)が出現します。
1,000,000 その次のカンマではone/a million(100万)の登場です。
1,000,000,000 さて次のカンマはone/a billion(10億)です。
1,000,000,000,000 いよいよ次のカンマでone/a trillion (兆)が現れます。

では、試しに1,879,510,378,429を読んでみましょう。通常はつけなくても構いませんが、わかりやすいように「,」をつけ、それぞれの桁(ユニット)にアンダーラインを引いてみました。
one trillion, eight hundred (and) seventy nine billion, five hundred (and) ten million, three hundred (and) seventy eight thousand, four hundred (and) twenty nine
読めましたか?一気に読んだら息が切れてしまいそうですね。それぞれのユニットの間は日本語と同じように一、十、百と桁上がりしていきます。この法則を使えば、もっと大きい数字、quadrillion (千兆)、quintillion (百京)、sextillion (十垓)とどこまでも読むことができます。もっとも、そんな数字を使う機会にはなかなか出会えないかもしれませんね。

数字を読むときに気をつけたいのが、それぞれのユニットは複数形にならないということ。Hundreds (of) やthousands (of) など複数の「s」をつけるのは
I saw hundreds of birds.(何百もの鳥を見た)のように具体的な数でなく「多数」を表す場合です。

さて、ビジネスの現場では大きな数字を扱う場面も多々あります。英語での会議など、日本語で数字を考え、いちいち英語になおしていては、会議のスピードついていけなくなるかもしれません。カンマと完全に合致する恩恵を最大限に生かして、日本語読みに変換せず、そのまま英語読で理解した方が効率が良さそうです。

さて、イギリスのbillionについて、豆知識を一つ。billionはもともとbi-million、つまり二つのmillion(100万)のことです。millionの二乗、1,000,000×1,000,000、すなわち、1,000,000,000,000(1兆)です。そう考えると、イギリス式の方が、論理的な気がしてきます。ちなみに、biはラテン語由来の数字を表す接頭辞です。biが頭についた単語だとbilingual(2か国語を話す人)、bicycle(2輪車・自転車)などでしょうか。

このように、英語にはギリシャ語やラテン語由来の単語が沢山あります。試しに、ラテン語の数字の1から10を見てみましょう。
1 uni
2 bi
3 tri
4 quadr
5 quinqu
6 sext or hexa
7 sept or hepta
8 oct
9 nona
10 deca

眺めているとunique、bicycle, triangle、quarter, (+triplets, quad bike, hexagon, heptathlon, octagon, octopus, decathlon)等の単語が浮かんできませんか?septから先は月の名前の省略形ととても良く似ていますね。ただし、Septは9月だし、Octは10月、ラテン語の数字とずれています。不思議ですね。月の名前の由来については次の機会にゆっくりご紹介しましょう。