ビジネスイングリッシュ Let’s get started!<さあ、始めましょう>

2019年05月23日
  • 英会話フレーズ

インバウンドやmultinational(多国籍)企業の増加につれ、国際化を身近に感じるようになりました。海外だけではなく国内においても、国際語である英語でのコミュニケーション能力はますます必要性を高めています。

  • ビジネスイングリッシュ Let’s get started!<さあ、始めましょう> ビジネスイングリッシュ Let’s get started!<さあ、始めましょう>



ビジネス英語は難しいというイメージがありますが、意外なことに、日常会話よりも学習がしやすい一面があります。まず、ビジネスでは、フォーマルな言い方が好まれるため、省略が少なく、フルセンテンスで話されることが多いこと。スラングが使われることもほとんどありません。また、日本語でのビジネスと同様、ミーティングやプレゼン、商談など、ビジネスのシーンによってよく使われるフレーズがあります。ただし、日本語の「決まり文句」の罠には要注意。例えば、「よろしくお願いします」を直訳しようと思っても、適当な英語表現は見つかりません。英語では英語のuseful expressionsを覚えていきましょう。

ビジネス英語には様々な勉強方法があります。まずは、自分の仕事を英語に置き換えてみるのはいかがでしょうか。テクニカルタームや業務でよく使う表現から覚えることで、仕事で使える「即戦力の語彙」を増すことができます。大切なのは、自分の中にできるだけ多く表現のストックを持つこと。それを取り出しやすくするために、実際に口に出してみましょう。文章に書いてみることもお勧めです。オフィスでの一日の業務の流れを想定して、英語で表現してみましょう。例えばこんな風に。

朝、会社に着いたら、まずメールのチェック。
I check my e-mails first thing in the morning. (no comma)

優先順位にしたがって、返事をかきます。
I reply to e-mails according to priority.

プロジェクトの進行はどうなっているのか、問い合わせのメールも送っておきましょう。
Please could you update me on how the project is going?

続いて、新プロジェクトのプレゼン準備をします。
I have to draft a presentation about the new project.
まずは統計データを集めます。
First, we need to collect statistical data.

午後からは毎週の定例会議に出席します。
I attend regular weekly meetings.

今日のagenda (議題)を頭に入れておきましょう。
Chairperson/Chair(進行役)はチーフの△△さん。

私は議事録をとります。
I take the minutes.

ミーティングの後に上司に時間をもらい、プレゼンの相談をします。
(Excuse me, Mr Smith) if you have a moment after the meeting, could I ask your thoughts and advice on the presentation.
もし、相手の都合が悪ければ
When might be convenient for you? 
ときいてみましょう。

意見をたずねる時は
What are your views on ~?
viewは「考え方や意見」、自分の考えを言うときにも使えます。例えば、AよりBのほうが良いプランだと思うなら、
In my view, plan B is better than plan A.

  • ビジネスイングリッシュ Let’s get started!<さあ、始めましょう> ビジネスイングリッシュ Let’s get started!<さあ、始めましょう>



来週には大切なプレゼンが待っています。
上司のアドバイスももらったし、プレゼン資料にもう少し手を入れなければ。
I need to make some improvements to my presentation handout.

でも今日は金曜日、TGIF (Thank God, it’s Friday)、残りは来週!
Let’s call it a day!(今日はここまでにしましょう)

*シンプルにするために現在形で例文を挙げます、必要に応じて時制を変えてみてください。