語学留学に必要な準備|持ち物や済ませておきたい手続きとは?

2019年05月28日
  • お役立ち情報

大型国際スポーツイベントや国際博覧会が相次いで控えている日本。英語熱は高まるばかりです。思い切ってお仕事を休んで、英語を勉強するために数日~数ヶ月の語学留学をしようと考えている人も多いかもしれません。

  • 語学留学に必要な準備|持ち物や済ませておきたい手続きとは? 語学留学に必要な準備|持ち物や済ませておきたい手続きとは?



とはいえ、これまで一度も海外に行ったことがない場合は、何から手をつけていいのかわかりませんよね。語学留学へ行く前にやっておきたいこと、持って行くべきものなどをご紹介します。

「語学留学で準備すること」

  • 「語学留学で準備すること」 「語学留学で準備すること」



「留学に行くときに絶対に必要な準備」がいくつかあります。パスポートなどは取得に時間がかかるため、留学を考えだした段階で準備を始めることをオススメします。

●持ち物の用意


必要な持ち物をリストアップして一覧表を作り、忘れ物がないかチェックしましょう。その一覧表を留学先に持っていけば、帰国の荷造りの際の忘れ物防止にもなります。

絶対に必要な持ち物:パスポート、航空券、勉強道具、着替え、薬・洗面用具など使い慣れた生活必需品、ホームステイする場合のステイ先へのお土産

●留学先で使う資金の準備


留学先の国によってはキャッシュレス化が進んでいてほとんど現金を使わない場合があります。両替にも手数料がかかるので、行き先の国の事情と滞在日数をよく考えた上で現金を幾ら持っていくのか決めましょう。
また、海外対応のクレジットカードを最低1枚は持っていくことをオススメします。国際キャッシュカードを利用する場合は、留学先に使えるATMがあるかどうかを確認してください。

準備するべき支払手段:現金(金額は国に応じて決める)、海外対応のクレジットカードや国際キャッシュカードなど

●留学保険への加入


万が一のトラブルに備えて、留学保険への加入を必須としている留学学校もあります。その場合は忘れずに加入しておいてください。留学保険は、留学生自身が留学先で病気になったときはもちろん、滞在する部屋の備品を破損してしまったときなどにも適用されます。
持っているクレジットカードに海外旅行保険が付帯していることもあるので、渡航前に一度確認しておきましょう。

●健康診断の受診


慣れない海外で体調を崩すと必要以上に焦ってしまいます。また、留学先で病院にかかると診療費は高くついてしまうものです。保険が適用されれば一部または全部が返って来る可能性がありますが、できるだけ無用な心配は排除しておきたいものですね。そのため、渡航前に一度健康診断を受けて体調を確認しておくことをオススメします。

常備薬の処方が必要であれば、滞在期間中に服用する分を用意しておきましょう。処方可能量を超える場合は最大量を持参し、その後の対応はかかりつけ医と相談してください。

対応としては、海外でも入手できる薬を教えてもらう、英文の処方箋とともに日本から薬を発送してもらう、または一時帰国して薬を処方してもらうなどが考えられます。

英文の薬剤証明書を発行しておくと、万が一入国審査で引っかかった場合などに説明しやすいので、不安な人は持ち込み手荷物に入れておきましょう。

●公的手続き


3カ月以上海外に滞在する場合は、在留届を外務省に提出する必要があります。これは緊急事態が発生したときなどに、外交官から援護や安否確認を受けることができる制度なので、渡航したらすぐに提出しましょう。外務省のHPからオンラインで提出できます。

また、留学期間が1年以上になる場合には「海外への転出届」を役所に提出する必要があります。転出届を提出すると、住民税や国民健康保険、国民年金の支払いが不要になるので、お財布のためにも忘れずに手続しておきましょう。

●携帯電話の手配


現地の知人と連絡を取るときや、国際電話をかけるときなどに通信手段としてかかせないスマホ・携帯電話。海外でも問題なく使えるように手配しておきましょう。費用や機能などを考慮して、手配する方法を決めましょう。

留学先に到着してから、使用可能な携帯電話をレンタルすることもできます。日本で使っているSIMフリースマホをそのまま使いたいなら、国内・留学先でSIMカードを契約して挿入することで使えるようになります。

SIMロックがかかったスマホを使いたいなら、データローミングサービスを利用する方法とポケットWi-Fiを契約する方法がありますが、データローミングサービスはとても高価です。出国前にポケットWi-Fiを契約しましょう。

「語学留学に出発するまでのスケジュール」

  • 「語学留学に出発するまでのスケジュール」 「語学留学に出発するまでのスケジュール」



どういった準備をすべきかがわかったところで、時系列に沿ってやるべきことを確認しましょう。留学が決まっているけれど下のスケジュールに準備が追いついていないという人は、少しスピードアップして頑張ってください!

●出発9~7カ月前


情報収集をして自分の目標や実力にぴったりな留学先を選びましょう。インターネットで外務省のHPや海外渡航者のブログを読む、留学エージェントに相談する、留学経験者の友人の話を聞くなど、複数の方法を使って多角的に検討したいものです。留学先が決まったら、留学資金が幾ら必要なのか計算して用意を始めましょう。

TOEICやIELTSを受験して自分の英語力を確認し、具体的な留学の目標を立てるのもこの時期にオススメです。例えば、「日常会話を英語で無理なくこなせるレベルになる」、「TOEICで800点以上を取る」などですね。できれば具体的な数字を目標したほうがやる気を持続しやすいですよ。

また、英語の基礎の復習もぜひこの頃から始めてください。基礎が分かった上で留学すれば、そうでない場合よりも吸収力が高まるので英語力を向上させやすくなります。せっかく留学するのですから、日本でやれることは日本でやっておく、海外では海外でしかできない経験を積むというつもりで臨みましょう。日本にいる間には、英会話教室に通って最低限の日常英会話の習得を目指すのがおすすめです。

●出発6~4カ月前


出発の6カ月前頃には、会社の上司に留学する旨を報告しておきましょう。留学の期間が長ければもっと早めに報告すべき場合もあります。

留学の目的と、留学によって向上させた英語力は仕事に活かされる旨を伝え、理解を得られるよう努めましょう。その後、休職または退職の手続きを進めてください。

上司への相談が済んだら、語学学校への入学手続きを進めましょう。パスポート情報が要求されることもあるので、持っていない人は発行手続も行って下さい。既に持っている人は期限が切れていないことを確認しましょう。

また、国や期間によっては留学ビザが必要になります。こちらも早めに準備を始めてください。

●出発3カ月前~


かかりつけの病院で健康診断を受けましょう。
長期滞在する場合は、一人暮らしの方は水道・ガスといった公共料金の停止手続きも済ませておきましょう。短期留学の場合であっても、出発前に水道や電気などの出力を調整しておくと節約になりますね。

いよいよ出発当日。水道の元栓を締める、ブレーカーを落とす、といった長期不在の際の基本的な対応を忘れずに。また、冷蔵庫の中は空にしておきましょう。荷造り全般は早めに始めて少しずつ進めておくと、抜け漏れが判明したときに対応しやすいですよ。忘れ物をしても慌てない。空港の売店でたいていのものは売っています。

「語学留学の準備におすすめのシェーン英会話のレッスン」

  • 「語学留学の準備におすすめのシェーン英会話のレッスン」 「語学留学の準備におすすめのシェーン英会話のレッスン」



シェーン英会話には、語学留学を希望する方にぴったりのレッスンコースがいくつかあります。仕事の都合や自分の英語力に合わせて、最適なレッスンを選びましょう!

●留学前に適したシェーン英会話のレッスン


・回数制個人レッスン
ネイティブ講師との会話に重点を置いた授業です。日常英会話に困らないレベルを目指す方に向いています。期間内に集中して英語力を身につけたいという人に合っているので、「渡航までに」という期限のある人にもオススメです。

40分×全20回のレッスンですが、同じ週に数回受講したり、同日に2回分のレッスンを受講したりと柔軟に対応してもらえます。

・月謝制個人レッスン
こちらも個人レッスンで、一人一人の目標達成を全力でサポートしてくれる授業となっています。「留学の準備がしたい」という目標を伝えれば、それにぴったりのレッスン内容を提供してもらえるのが嬉しいですね。
40分×月4回という月ごとのレッスン回数が決まっているコースなので、留学が1年以上先だという人や、コツコツ進めたい人に向いています。

・旅行英会話
海外旅行や留学で使う日常会話を学べる授業です。目的が具体的でハッキリしているので、実際に使える英語をとにかく最短距離でマスターしたいという人に向いています。レベルは初級~準中級の方を対象としています。40分×月4回のマンツーマンレッスンです。

・渡航前準備コース
空港やレストランなど、渡航先の具体的な場所・シチュエーションを想定して会話練習を行う授業です。海外に行ったことがなく、空港の会話などに自信が無い方にオススメのコースです。マンツーマンレッスンなので、自信の無い人も恥ずかしがらずに練習できます。
40分×全10回と回数が控えめな分、お値段も他レッスンよりお手頃になっているのが嬉しいですね。

留学を決めたら準備にも力を入れよう!

語学留学にはそれなりの費用がかかります。それに仕事をしている人にとっては、休みを取ったり仕事を辞めたりと一大決心を伴うものになるでしょう。
そんな大事な留学の効果を少しでも高めるためにも、準備段階で同じくらいの力を入れたいものです。

ピックアップ ー Pick up ー