語感を身につければコミュニケーションの達人に ☆身体の特徴の英語表現って???☆

2019年05月23日
  • 英会話フレーズ

「太っている」と言うか「ぽちゃ可愛だ」と言うか、言葉の選び方はとても大切。同じ意味を持つ言葉でも、それぞれの語感(ニュアンス)は異なります。肯定的なのか、否定的なのか、あるいはニュートラルなのか「伝えたい気持ち」に合わせた表現を選ぶことはとても大切です。
英会話の勉強法は数々あります。語感を理解することで、知っているだけではなく「使えるボキャブラリー」を増やしていきましょう。

  • 語感を身につければコミュニケーションの達人に ☆身体の特徴の英語表現って???☆ 語感を身につければコミュニケーションの達人に ☆身体の特徴の英語表現って???☆



さて、冒頭に体型についての例を出しました。洋の東西を問わず、人の外見に関するコメントはできるだけ避けたほうが無難ですが、言い方を選べばチャーミングに表現できるかも。今日はそんな英語表現を探してみましょう。

日本語には、女性に対して「ふくよか」男性に対して「恰幅がよい」など、うまい言い回しがありますね。英語ではどうでしょう。
最も一般的な単語はfatです。ただ、ちょっと「ふっくら」どころではなく、かなり太っている場合に使うことが多い単語です。そして言われた方はいやな気持にしかなりません。

Overweight=「体重を超えている」は多少婉曲に響きますが、こちらも言われてよい気持ちはしない言葉です。
比較的悪意の少ない「ぽっちゃり」に近い語感を持った言葉にplumpやchubbyがあります。ただし、まるまるとした赤ちゃんや動物に使うには違和感がありませんが、大人に使う場合には、快く思わない人もいるようです。

なかなか肯定的な表現が見つかりませんね。ネイティブスピーカーにも相談してみましたが「そんな魔法の言葉はないよ」と、つれない返事。そう言いながらも、plumpと言い切らず、a bit plumpのようにぼかして言うと、柔らかい表現になるとアドバイスしてくれました。

ちょっと味をつけてShe’s a bit plump but charmingなど、誉め言葉をプラスしてみるのも良いですね。

次は「やせている」と言いたい場合です。最も一般的な単語thinは一見ニュートラルですが、人によっては「痩せすぎ」とネガティブにとられることもあります。

ほめ言葉ならslenderslimがお勧めです。skinnyやbonyは「皮」や「骨」由来の単語。悪口を言うつもりがないなら避けたほうが無難です。

ちなみに、日本語でよく使う「スマート」=smartは、アメリカ英語では「頭がよい」の意味になります。また、「スタイル」=styleは体型ではなく、イギリス英語では「服装のセンス」を意味する単語です。

「スタイルが良い」は
She has a (good/great/nice) figure.
He’s in good shape.
を使ってみてはいかがでしょうか

  • 語感を身につければコミュニケーションの達人に ☆身体の特徴の英語表現って???☆ 語感を身につければコミュニケーションの達人に ☆身体の特徴の英語表現って???☆



以上、言葉の持つニュアンスの例をいくつかご紹介してきました。とはいえ、言葉の受け取り方は千差万別、ポジティブと思って使った単語も相手の語感次第では、失礼ととられることもあるのは日本語と同様です。 本人の前では、あまり言わない方が良いかもしれませんね。

さて、語彙力をつけるために重要なことがもう一つ。それはコロケーションという考え方です。
耳慣れない言葉かもしれませんが、言葉と言葉の組み合わせのルールのことです。例えば、日本語の「大雪」は英語ではheavy snowでbig snowとは言いません。なぜbigではなくheavyなのか、その辺のお話はまた別の機会に取り上げてみましょう。