Emblem   ~We love Britsh Style~

2018年08月01日
  • 英国コラム

たとえば、紺ブレザーの胸元に輝く金色の刺繍のemblem。元々は身元がわかるバッジのような存在だったようですが、今でも絵や文字が記され、スクール、スポーツクラブなどのシンボルマークとして用いられています。

自動車のボンネットにつくemblemも、オリンピックのemblemもシンボルマークとして認識され、視覚に訴えるように制作されています。カタカナで表記されるエンブレムには紋章と同一されがちですが、紋章にはまた別の意味があるので違うもの。シェーンにもemblemはあります。

シェーン英会話の文字の左についているイエローゴールドのクレスト、中央の盾にシェーンのSの字が施され、月桂樹が積み重なったリースで囲んだもの。あれがそうです。ロゴサインとしてメインには使われることはあまりありませんが、とても美しいemblemですので、機会があればよくご覧になってください。ちなみに日本語でよく使われるワッペンはドイツ語です。