Princess Margaret~From the United Kingdom

2021.12.05

英国コラム

イギリス王室のエリザベス女王の妹君の、マーガレット王女。エリザベス10才、マーガレット6才の時に伯父のエドワード8世が退位し、その将来が大きく変わることとなりました。マーガレット王女は姉のエリザベス女王と違って、やがて奔放な生活を送ります。妻子あるピーター・タウンゼントとの恋、それが若き日のマーガレット王女のスキャンダルとなりました。大輪の美しい花、マーガレット王女のそのお姿はいつもそうでした。

  • Princess Margaret~From the United Kingdom

なぜピーター・タウンゼントに、マーガレット王女は魅かれていったのでしょう。10代でマーガレットはピーターと出会いました。恋に落ちたのは、国王ジョージ6世が亡くなった後とも言われています。父君が亡くなり、父に一番近いところにいたピーターの存在。それが恋につながったのでしょうか。やがてピーターは離婚。マーガレットはピーターとの結婚を望みます。25歳になれば結婚の自由が得られると思っていたマーガレット。しかし、英国国教会は王族の離婚経験者との結婚を認めない判断を下します。エリザベス女王も妹のための結婚を許すことはしませんでした。エリザベス女王も王室としての義務を優先します。

1960年、マーガレットとピーターはそれぞれ別の相手と結婚します。ピーターは歳の離れたマーガレット似の若い女性と、マーガレットはその話を聞いてから、写真家のアンソニー・アームストロング=ジョーンズとの結婚に応じます。しかしスノードン伯爵となった夫との結婚は、1978年には終止符が打たれ、マーガレットはその後も自由奔放に生きていきます。艶やかなその姿と、絶えず口にする煙草とお酒。姉を女王に持ったその苦悩もあったことでしょう。姉と違ってマーガレットができることは自由な振る舞い。女王となる責任を持ったエリザベス女王とは違う生活を送られています。結婚を認めてくれなかった姉。果たしてそのしこりは残ったのでしょうか。

2002年2月9日、病のため71才でマーガレット王女は薨去されます。母君のエリザベス皇太后は、王女の死に嘆き悲しみ、2か月後の同じ9日に後を追うように崩御されました。クィーンマムはエリザベス女王ではなく、マーガレットのそばにいることにしたようです。心配をかける娘ほど、母親にとってはかわいいもの。自由に生きた大輪の花マーガレットは、ウィンザー城のセントジョージ・チャペルで、父君のジョージ6世と母君のエリザベス皇太后とごいっしょに、今は静かな眠りに就かれています。