シェーン子ども英語 副教材の使い方

プレイ1(2~3才)

英語で読むことにこだわらなくても良いので、まずは絵を見て楽しみましょう。
日本語でも英語でも良いので、いろいろな声色で絵本を読んであげるとお子さまはより興味を持ってくれます。
お子さまと絵本のストーリーについて日本語や英語で話してみましょう。

毎日お子さまと一緒に声に出して読んでみましょう。
何度か読んで覚えてきたら、お子さまに数ページ読んでもらいましょう。
絵本に出てきた言葉を日常生活の中でも使ってみましょう。

カードの絵の面を上にしてランダムに並べます。その中から、同じ絵のカードを3枚組み合わせましょう。組み合わせたカード3枚の絵の裏に書いてあるアルファベットと単語を声に出して言ってみましょう。
カードと布を用意して、キムスゲームをしましょう。
家中のいろいろな所にカードを置いて、クイックファイヤークイズをしましょう。

サイコロを振って出た目の数だけ家の中にある物を英語で数えてみましょう。
サイコロを振って出た目の数のブロック(またはおもちゃなど)を並べましょう。数回繰り返して、最後にいくつのブロック(またはおもちゃなど)が並んだか英語で数えてみましょう。
サイコロを振って出た目の数だけ英語で数えながらホップ(hop:片足でとぶ)、スキップ(skip:軽くとぶ)、ジャンプ(jump:両足でとぶ)をしましょう。

カードの色の面を上にしてランダムに並べます。その中から、同じ色のカードを組み合わせましょう。組み合わせたカードの色を英語で言ってみましょう。
家の中でカードと同じ色の物を探しながら「It’s red」または「They are yellow」のように英語で言ってみましょう。
カードを家の中のどこかに隠します。「Where is the red/blue/green/yellow card?」 とお子さまに質問し、その色のカードを探してもらいましょう。カードを見つけた時には「What colour is it?」ときいて、「It’s red」のように答えてもらいましょう。

CDの中から今日の1曲(または数曲)を決めて、お子さまと一緒に繰り返し聴いてみましょう。
CDケースに入っている英語の歌詞カードを見ながら、CDの歌に合わせて一緒に歌いましょう。
ご自宅や車の中などで、BGMのように流しましょう。

DVDに合わせて一緒に歌いましょう。
字幕を表示させたり、消したりしながら観てみましょう。
シェーンスーパーボーイズの動きに合わせて一緒に歌って踊りましょう。

プレイ2(3~4才)FAB RED

お子さまにレッスンで使ったカードと同じカードを見せてもらいましょう。
お子さまにカードを見せて「What is it?」と質問します。お子さまには「It’s a ・・・」と英語で答えてもらいましょう。
フラッシュカードでスナップゲームをしましょう。

CDの中から今日の1曲(または数曲)を決めて、お子さまと一緒に繰り返し聴いてみましょう。
CDの歌に合わせて一緒に歌いましょう。英語の歌詞カードはCDケースに入っています。
ご自宅や車の中などで、BGMのように流しましょう。

DVDに合わせて一緒に歌いましょう。
字幕を表示させたり、消したりしながら観てみましょう。
シェーンスーパーボーイズの動きに合わせて一緒に歌って踊りましょう。

キンダー1(5~6才)FAB Yellow

お子さまにレッスンで使ったカードと同じカードを見せてもらいましょう。
お子さまにカードを見せて「What is it?」または「What are they?」と質問してみます。お子さまには「It’s a ・・・」または「They are ・・・」と英語で答えてもらいましょう。その後、役割を交代してお子さまから同様に質問してもらい、英語で答えてあげましょう。
スナップゲームや神経衰弱ゲームで遊びましょう。

DVDに合わせて一緒に歌いましょう。
字幕を表示させたり、消したりしながら観てみましょう。
スーパーボーイズの動きに合わせて一緒に歌って踊りましょう。

キンダー2(5~6才)FAB Blue

お子さまにレッスンで使ったカードと同じカードを見せてもらいましょう。
お子さまにカードを見せて「What is it?」または「What are they?」と質問してみます。お子さまには「It’s a ・・・」または「They are ・・・」と英語で答えてもらいましょう。その後、役割を交代してお子さまから同様に質問してもらい、英語で答えてあげましょう。
スナップゲーム、神経衰弱ゲームやキムスゲームをしましょう。

DVDに合わせて一緒に歌いましょう。
字幕を表示させたり、消したりしながら観てみましょう。
シェーンスーパーボーイズの動きに合わせて一緒に踊りましょう。

小学校1~3年生 SPEC1~3

お子さまにレッスンで使ったカードと同じカードを見せてもらいましょう。
お子さまにカードを見せて「What is it?」と質問してみます。お子さまには「It’s a ・・・」と英語で答えてもらいましょう。その後、役割を交代してお子さまから同様に質問してもらい、英語で答えてあげましょう。
カードの絵と単語や熟語を書き写しましょう。

ゲーム説明

キムスゲーム(Kim’s game)

観察力と記憶力を鍛えるゲーム(並べられたカードを覚えて、一番多く覚えていた人の勝ち)
人数:3人以上
問題を出す人が1人~2人、答える人は2人以上です。

①問題を出す人は数種類のカードを1枚ずつ選び、答える人に知られないようにランダムに並べ、何のカードがあるかわからないように布で隠します。
②問題を出す人は制限時間を決めて布を外します。答える人は制限時間内に「何のカードが並べてあるか」を覚えます。
③制限時間になったら、問題を出す人は布でカードを再度隠します。
④答える人は何のカードがあったか答えます。一番多く覚えていた人が勝ちです。

クイックファイヤークイズ(Quick-fire quiz)

瞬発力・思考力を鍛えるゲーム(次々と質問に答え、英語に触れる機会を増やす)

①お子さまに知られないように、カードを家の中のいろいろな所に置きます。
②お子さまがカードの近くを通るときやカードを見つけたとき、カードについて質問してみましょう。
例:What is it? / What colour is it? / Where is the ~? / Touch the ~!

スナップゲーム(Snap game)

記憶力と判断力を養うゲーム(イギリスで昔から子どもたちに人気の絵あわせゲーム)
人数:2人~6人

①輪になって座ります。
②カードの絵が見えないようにFABのロゴを上向きにして人数分配ります。
③1番目の人が自分の持っている一番上のカードをめくり、カードの絵の名前を声に出して、みんなに絵が見えるように中央に置きます。
④次の番の人も同じように、自分が持っている一番上のカードをめくって、カードの絵の名前を声に出し、中央に重ねていきます。
⑤同じ絵が2回続けて出されたとき、「スナップ!」と言って中央のカードの上に手をつきます。 一番早く手をついた人が、真ん中に重ねられたカードを全てもらうことができます。
⑥最後に全てのカードを手に入れた人が勝ちです。