オフィスで自信を持って英語を使うには・・・?

2019年09月17日
  • お役立ち情報

回数制個人レッスン ESP ‘Workplace’ レッスンなら、オフィスで使う英語に自信がもてます。

  • オフィスで自信を持って英語を使うには・・・? オフィスで自信を持って英語を使うには・・・?



‘Workplace’のレッスンでおすすめしたいのは・・・


「仕事の英語は精一杯。余裕をもってコミュニケーションができる力を早急に身につけたい」
「電話の取次ぎでもドキドキ。知っている言葉も出てこなくて困る」
「ビジネスメールは意図したとおりに伝わっているだろうか。『おかしな』感じはないだろうか」

このような不安や悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
オフィスで自信をもって英語を使っていただくために、シェーン英会話の回数制個人レッスン ESP ‘Workplace’レッスンを受講なさいませんか?

お悩み解消のポイントは…


「仕事の英語は精一杯。余裕をもってコミュニケーションができる力を早急に身につけたい」という方に
→重要な単語や表現を網羅しつつコンパクトに編集したテキストを使用して、ビジネス場面の英語力を効率よく、確実に向上させることができます。

使用テキストのレベル1では、アシスタント的な業務で使用するビジネス英語を学びます。
Ex.来客の案内や接待、会議の会場手配、通知Eメールの発信・返信、会議参加予定者との電話対応・伝言処理、会場業者とのトラブル対応、上司の出張手配、スケジュールの通知と調整、来客の作業ヘルプ、種々の挨拶

レベル2では、マネージャーの立場で社内外との調整や意見交換を行うための英語を学びます。
Ex.来客との名刺交換・仕事内容の紹介、プロジェクトに関するプレゼンテーション・質疑応答、会議の進行、電話・Eメールによる提案や調整、電話会議への参加、今後の目標や予定の検討、プロジェクトの進捗状況報告、テレビ会議への参加

これらのテキストは、英検のレベルに置き換えると3級~準2級程度の生徒さんを対象に作成されています。このレベルからオフィス業務で必要な英語全般を学習できるのは魅力的ではありませんか?これから就職を控えた学生の方にもおすすめします。
(さらに専門的な分野の英語を学習したい方は、こちらをご覧ください。→ESP

テキスト1、2ともに24のユニットに分かれています。それぞれのユニットは4ページで終了。
ユニットによって多少異なりますが、構成はおおむね以下の通りです。

ビジネス場面のリアルなやりとりを観る・聴く
スクリプトも表示

場面の会話内容を理解する
もう一度会話を聴いて内容チェックの質問に答える。

キーフレーズを練習する
練習問題で読み書きしながらしっかり理解して記憶します。

キーフレーズを使ってビジネス場面を疑似体験する

ユニット内と巻末にキーフレーズのリストをわかりやすく表示。「これだけ覚えれば大丈夫」という安心感が得られます。

「電話の取次ぎでもドキドキ。知っている言葉も出てこなくて困る」という方に
→レッスン内でのネイティブ講師との会話や、テキストに組み込まれている実際に近い会話練習を積み重ねていくことによって、誰の前でも気後れせずに英語を話す自信が生まれます。
テキストの各ユニットには、リアルなタイミングで会話のやりとりをするアクティビティが設定されています。
録音されているネイティブスピーカーの声を相手に、自分の発言を即座に組み立てて話し、会話の流れに乗せていく練習です。時間内に話せないと、相手の次の発言が始まってしまいます。
スムーズに言えるまで繰り返し練習することができ、他の言い方にも挑戦できますので、話す力が格段に向上します。
また、DVDの動画で会話シーンを観ることができますので、その場にいるような感覚を味わいながら英語のやりとりを記憶することができます。

もちろん、レッスン内でネイティブ講師と生の会話をする効果は図り知れません。

「ビジネスメールは意図したとおりに伝わっているだろうか?『おかしな』感じはないだろうか」という方に
→テキストではメール作成の学習も重視。ネイティブ講師の指導で適切なメールを書けるようになります。
各ユニットのゴールとして、実際にメールを書く練習が複数設定されています。
フォーマル、インフォーマルの違いや、話しことばと書きことばで異なる表記の仕方、メール独特の表現なども学ぶことができます。

テキストには、日本人が気づきにくいビジネスマナーや米語英語の比較、適切な単語選び、基本となる文法の整理など、メールに限らず、ビジネスシーンにふさわしい英語を使いこなすための情報が満載です。

効果の高いテキストを使用して、英語指導の研修を積んだネイティブ講師が指導するレッスンです。
ビジネスでの英語力向上に是非お役立てください。

●回数制個人レッスンESPの無料体験レッスンのお申し込みはこちら
https://www.shane.co.jp/special_form/

ピックアップ ー Pick up ー