英語を使用して顧客対応をする方におすすめのレッスンのご紹介

2019年09月17日
  • お役立ち情報

回数制個人レッスン ESP ‘Customer Care’ レッスン内容のご紹介

  • 英語を使用して顧客対応をする方におすすめのレッスンのご紹介 英語を使用して顧客対応をする方におすすめのレッスンのご紹介



‘Customer Care’のレッスンをおすすめしたいのは・・・


*英語でクレーム対応をする必要のある方
*コールセンターで英語を使う必要のある方
*英語のレターやEメールで顧客対応をする必要のある方
*見本市などで外国人の見込み客とコミュニケーションを図る必要のある方
*外国人顧客対応のあり方や具体的な方法について全般的に学びたい方

‘Customer Care’のレッスンでは、英語学習者の皆さまの次のような声にお応えします


今までは日本人のお客様が大半を占めていたけれど、最近は英語を使って対応しなければならない機会がある。そのような場面で役立つ英語の表現を知りたい
挨拶や電話取次ぎなどの基礎的な英語表現から、商品のプレゼンテーションで役立つ表現や、既存の取引先(顧客)対応だけでなく新規取引先獲得の糸口となる表現、コールセンターでの会話表現など広い範囲にわたって必要な英語表現を学べます。
特に、誤解が生じないように確かめたい時の表現やトラブルが生じた際の対応に関わる表現などを重点的に学習することができます。
また対面だけでなく、電話による対応、文書(レター、Eメール)を使った対応など、多様なコミュニケーションの方法をカバーしています。

日本人のお客様への対応にはある程度自信があるけれど、英語圏のお客様にも同じでいいのか、不安を感じている
テキストは「英語圏の人々の目線」で書かれています。良い印象を持ってもらうにはどのように対応したら良いのか。「顧客対応」に対する考え方から学ぶことができます。
例えば「顧客とのミーティングdo's & don'ts」、「成功する電話対応の条件」、「トラブル対応のdo's & don'ts」など、英語圏での望ましい対応を知るためのActivity(演習問題)を数多く盛り込み、使用するセンテンスをより好ましい表現に変える練習なども組み込んでいます。文法的には正しいセンテンスでも、顧客に不快感を与える可能性があるからです。
コールセンターなど電話での応対では、「沈黙」が悪印象につながるため、さまざまなあいづちの表現も学習します。

必要な表現を知っていても、実際の場面で使うことができるか心配。「お客様」が相手だけに失敗できません
ネイティブ講師の指導するレッスンが、英会話の力を格段に伸ばすのはもちろんのことです。
加えてテキストに沿ったさまざまな実戦練習ができます。
各ユニットでは、重要な表現や単語を読んだり書いたりして覚えてから、それらを使ったロールプレイをしたり、基本的な流れを示したチャートに学習者個人のケースを反映させて話す練習をしたりします。適切な表現ができているか、ネイティブスピーカーのチェックが受けられるので安心です。リスニングの練習も数多く設定されており、「間違いなく聴き取る力」も伸ばせます。

使用するテキストの内容は・・・


テキストは次の6ユニットに分かれています。

Unit1  顧客対応とは:顧客対応の概要をつかみ、意識を高める

Unit2  対面の顧客対応:来客対応、商品説明、見込み客への対応等を中心に、心得と典型的な会話表現を学ぶ

Unit3  電話での顧客対応:オフィスでの一般的な電話対応を中心に、顧客に対する場合の注意点も学ぶ

Unit4  成功するコールセンター:コールセンター対応の具体的な表現を中心に学ぶ

Unit5  文書による顧客対応:ビジネス文書(レター、Eメール)の書き方を学ぶ

Unit6  苦情やトラブルへの対応:苦情やトラブルへの対応戦略や使用する表現を学ぶ

各ユニットの構成
Starter
自分の経験に照らし合せて顧客対応を考える

Activities
会話のリスニングやセンテンス組み立て・穴埋め、ロールプレイ、メール作成など、10以上のアクティビティで表現を学習

Output
ユニットで学習したテーマに関するディスカッションやまとめ

付属のマルチROMを使用して、インタラクティブな学習が可能。
顧客対応のアドバイスや重要表現はボックス内に表示。
巻末にはよく使う単語や役立つ表現のリストがついています。
顧客対応に関する「意外な」データなど、有益な情報も記載されています。

シェーン英会話の‘Customer Care’は、「顧客対応」に関わる広範囲の学習ができるレッスンです。英語圏のお客様に良い印象を持っていただくために、お役立てください。

●回数制個人レッスンESPの無料体験レッスンのお申し込みはこちら
https://www.shane.co.jp/special_form/

ピックアップ ー Pick up ー